今年の夏は、記録的な猛暑だった。

 都心では三十五度を超える連続猛暑日が八日間も続き、1875年の観測開始以降、最長を記録したという。53歳の個人的な実感としては、夏は年々暑くなっている気がする。

 ところが実際の観測データからすると、平均気温は30年前と大差ないらしい。そういわれても、体感温度はあきらかに暑い。

 わたしが子どもの頃はエアコンなどなく、夏場は窓を開けて、網戸から吹く風で涼んでいたが、いまそんな暴挙にでたら熱中症になってしまう。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

福澤徹三『ジューン・ブラッド』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『壊れるもの』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『再生ボタン』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼれの就職・転職術』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『もうブラック企業しか入れない 会社に殺されないための発想』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)