売れっ子芸人の陣内智則君が、売れない先輩である僕を、ニコニコ動画の番組のゲストに呼んでくれたことがあります。

「兄さんほど運のない人も珍しい。そんな人が、ガリガリ君を食べ続けたら何本目にアタリが出るか、番組内で挑戦してみませんか?」

 ガリガリ君といえば――このコマーシャルソングを知らない人はいないでしょう。

「ガ~リ、ガ~リ~君。ガ~リ、ガ~リ~君。ガ~リ、ガ~リ~君~♪」

 ちなみに、この歌を歌っているのは、わがワハハ本舗に所属する芸人トリオ、ポカスカジャン(大久保ノブオ、タマ伸也、省吾)なのです。

 それはさておき、1981年に発売されてから、30年以上支持され続けている国民的アイスキャンディー、ガリガリ君。僕も大好きでよく食べますが、たしかにアタリを出したことはありません。

 そもそも、アイスキャンデーのアタリが出る確率というのは、どのくらいのものなのか。

 ガリガリ君を販売する赤城乳業によれば、「景表法」(正式には、不当景品類及び不当表示防止法という長ったらしい名前の法律)で決められた通り、売上げの2%に当たる比率でアタリが出るように調節されているそうです。

 ということは、50本に1本の割合でアタリが出るということになります。

 これはなかなかの確率です。運がない芸人である僕を面白がって呼んでくれた陣内くんですが、放送時間内に一本もアタリが出なかったら、さすがに企画が盛り下がると思ったのでしょう。

「保険を掛けさせてもらいます」ということで、当時、売れ始めていた猫ひろしと二人で挑戦することになりました。

 

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

このウェブ連載の単行本化が決定!

世にも稀なる「実録ノンフィクション芸人」が、
全国を行脚して集めた怒涛の実話ネタ、29本を一挙掲載!

『コレ、嘘みたいやけど、全部ホンマの話やねん』
コラアゲンはいごうまん
2016年5月12日、幻冬舎より発売

→電子書籍の購入はこちら
→書籍の予約・購入はこちら(Amazon)