毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.08.28

第23回 

「マスク女子」
…予防してるんです。世の中は脅威ばかりなので。

壇蜜

「マスク女子」<br />…予防してるんです。世の中は脅威ばかりなので。<br />


「意識高い系なんじゃない?勘違いしてそー」や「部屋汚いっていうよね」、「メイクするのがめんどいズボラっぽいよね」……これらのけしからん台詞は、女性がマスクをしている際に周囲から噂されたり囁かれた意見だそうです。

 最近マスクを頻繁に利用している女性をターゲットにした「マスクしている女子は~だ」というヘンテコなネガティブキャンペーン現象が起きていると聞きました。

 実際、私もマスクして電車に乗っていたら、酔いどれたスーツ姿の青年に「芸能人かよ」と言われたことがあります。これは吹き出しそうになりまして、否定も肯定もしませんでしたが。

 このネガティブキャンペーン、何故起きるのか考えるとやはり女性が隠していることに対し男性が「暴きたい知りたいけど知る術がない……ああヤキモキ」と思い、それがやがて攻撃の感情に変化しているような気がしてなりません。顔を合わせても半分以上理解出来ないバリアがかかっているのですから、壁を作られたような寂しさもあるのでしょう。

 しかし別にマスクは他者との距離を保つためにしているのではありません。飛散するウィルスや花粉で粘膜がいじめられ、くしゃみや鼻水でメイクもできず大変な事になっている自分を人様にお見せしたくない、今は症状がなくても予防だけはしておきたい……そんな理由でマスクを手にとっているのです。

 紙と布の中間のような薄い繊維に「世間にもアナタにもお見せできない」という控えめな気持ちを託している……健気でいじらしいではありませんか。隠して安心したいのです。私だって袋に閉じられていると何となく安心しますもの。

 

【今月、壇蜜が気になったモノ】

撮影/壇蜜

どんな高価なネコ用おもちゃも、これにはかなわない…2本で400円もしないという企業努力。


出典:『GINGER』2015年3月号より 

 

★がついた記事は無料会員限定

雑誌『GINGER』について

定期購読はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

謙太郎2015.9.12

酔いどれ人が芸能人かよ〜って…そうだよ!!(笑) ですね^^; マスクは日本の文化かな?と感じました。 海外の方は日本でマスクを買って帰るとも聞いています。 口元を隠す、大口を開けるとはしたない、、そう言われるのを考えるば何とも便利なアイテムですね〜。 マスクの奥って見てみたい心理が働きます(笑)

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!