毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.08.26

「あ、そう」という
応答に込められたもの
第2回『昭和天皇論』

小林 よしのり

「あ、そう」という<br />応答に込められたもの <br />第2回『昭和天皇論』

 玉音(ぎょくおん)放送で日本に敗戦を告げることが決まるまで、昭和天皇の周辺で何が起こっていたのか? 様々な資料を検証しながら、戦後の言説の誤解を解き明かす『昭和天皇論』(小林よしのり著)の第2回。

 若い頃は「村でも危険思想の持ち主として警察ににらまれるほどのマルクス主義者」だった父親と、「皇室は敬うもの」という常識を持っていた母親、双方の影響を受けた小林少年の話の続きからスタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 昭和天皇が崩御された1989年(昭和64)、その前年末に御不例(ごふれい・ご病気)となった時の、世間の自粛ムードを覚えている人は多いのでは。まだ生まれてないとか、生まれたばかりという若い人たちも、次回で追体験してみてください。最終回の更新は、9月5日(土)です。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

小林よしのり『昭和天皇論』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!