毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.08.20

我が国の軍隊に“知りません”が
あらせられるか!“忘れました”だよ
第2回『神聖喜劇 第一巻』

大西 巨人/のぞゑ のぶひさ/岩田 和博

我が国の軍隊に“知りません”が<br />あらせられるか!“忘れました”だよ<br />第2回『神聖喜劇 第一巻』

 社会と人間、軍の不条理を描いた日本文学の金字塔『神聖喜劇』(大西巨人・のぞゑのぶひさ・岩田和博)から、その一部を抜粋してご紹介する第2回。
 主人公の東堂太郎(とうどう・たろう)の所属する班は、朝の呼集時間に遅れてしまいます。その上官に怒られた時、東堂たちは上官に、「知りません」と言うことが許されず、「忘れました」を強要されます。それはなぜか。東堂はそのことを繰り返し、繰り返し考えます。「知りません」と「忘れました」の違いは何なのか。それぞれの言葉のどこに主体があり、誰に責任があるのか――。今の日本社会にも通じるような “ 無責任体質”といった本質的な問題が、ここで垣間見えるのです。

 

 

(あらすじ)驚異の記憶力を持つ東堂は昭和十七年一月、対馬の要塞重砲兵連隊へと配属。そこでの三カ月の教育期間に彼が体験したものは何か? 漫画化絶対不可能と言われた日本文学の金字塔ついに出現!

 

 

 最終回の更新は、8月30日(日)予定です。『神聖喜劇 第一巻』あとがきに掲載された、大西巨人さんの談話の一部です。大西さんが体験された徴兵の話、あの時代について語ります。「戦争に負けて、ある意味でいい点もあるけれど、負けたことがいいとは必ずしも思わんよ、私は」————続きは最終回にて。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

『神聖喜劇 第一巻』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


『神聖喜劇 完結六巻セット』(電子書籍限定)

→電子書籍はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!