毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.08.20

我が国の軍隊に“知りません”が
あらせられるか!“忘れました”だよ
第2回『神聖喜劇 第一巻』

大西 巨人/のぞゑ のぶひさ/岩田 和博

我が国の軍隊に“知りません”が<br />あらせられるか!“忘れました”だよ<br />第2回『神聖喜劇 第一巻』

 社会と人間、軍の不条理を描いた日本文学の金字塔『神聖喜劇』(大西巨人・のぞゑのぶひさ・岩田和博)から、その一部を抜粋してご紹介する第2回。
 主人公の東堂太郎(とうどう・たろう)の所属する班は、朝の呼集時間に遅れてしまいます。その上官に怒られた時、東堂たちは上官に、「知りません」と言うことが許されず、「忘れました」を強要されます。それはなぜか。東堂はそのことを繰り返し、繰り返し考えます。「知りません」と「忘れました」の違いは何なのか。それぞれの言葉のどこに主体があり、誰に責任があるのか――。今の日本社会にも通じるような “ 無責任体質”といった本質的な問題が、ここで垣間見えるのです。

 

 

(あらすじ)驚異の記憶力を持つ東堂は昭和十七年一月、対馬の要塞重砲兵連隊へと配属。そこでの三カ月の教育期間に彼が体験したものは何か? 漫画化絶対不可能と言われた日本文学の金字塔ついに出現!

 

 

 最終回の更新は、8月30日(日)予定です。『神聖喜劇 第一巻』あとがきに掲載された、大西巨人さんの談話の一部です。大西さんが体験された徴兵の話、あの時代について語ります。「戦争に負けて、ある意味でいい点もあるけれど、負けたことがいいとは必ずしも思わんよ、私は」————続きは最終回にて。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

『神聖喜劇 第一巻』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


『神聖喜劇 完結六巻セット』(電子書籍限定)

→電子書籍はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 異世界に転生した冒険者の視点から、経営のコツとビジネススキルが学べる、異色のビジネスライトノベル。
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
  • 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。
  • 物語が、海を超えてつながった——!
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • シンギュラリティに向かう時代のビジネスチャンスを読み解く、必読の一冊。
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
美人かどうかは目元で決まる。
学生限定 全商品10%キャッシュバック中!
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!