毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.08.10

人生は無価値。戦争戦火戦闘を
恐れる理由はなかった
第1回『神聖喜劇 第一巻』

大西 巨人/のぞゑ のぶひさ/岩田 和博

人生は無価値。戦争戦火戦闘を<br />恐れる理由はなかった<br />第1回『神聖喜劇 第一巻』

 戦争という非日常が日常になった時、世の中はどんなふうに変わるのでしょうか。当時の空気、人々の価値観、そして徴兵制で集められ最前線にいくことを義務づけられた兵隊たちの日々の生活は……。
 社会と人間、軍の不条理を描いた日本文学の金字塔『神聖喜劇』(大西巨人・のぞゑのぶひさ・岩田和博)から、その一部を抜粋してご紹介します。
 連載第1回は、主人公の東堂太郎(とうどう・たろう)が入隊した心情を語る印象的なシーンから。閉塞された社会からの解放を、非日常の戦争に求めようとする渇望——。それはどの時代にもうっすらと流れていることなのかもしれません。

 


(あらすじ)
 対米英開戦から間のない一九四二(昭和十七)年一月。東堂太郎(とうどうたろう)をはじめとする補充兵役入隊兵百余名は、教育召集により、玄界灘(げんかいなだ)に浮かぶ島———対馬(つしま)の要塞重砲兵聯隊(ようさいじゅうほうへいれんたい)へと配属される。三カ月の教育期間が終了した時、彼らを待つものは満期除隊か、それとも引きつづいての臨時召集か。
 あれこれの僅(わず)かな予兆を探りながら一喜一憂する同年兵たちをよそに、暗い時代に追い詰められて虚無主義(ニヒリズム)を抱く若者・東堂は、「私は、この戦争に死すべきである」「一匹の犬となる」と思い定めていた。
 そんな東堂と対峙(たいじ)する内務班長・大前田(おおまえだ)軍曹、班附・神山(かみやま)上等兵ら上官たち。彼らの繰り出す不条理な強権と奇妙なほどの論理性とが共存する軍隊の現実は、東堂の諦観(ていかん)を少しずつ揺り動かしはじめる……。

 

 

 

 

 

第2回の更新は、8月20日(木)予定です。
次回は、日本社会の病理を言い表した上官のセリフ、「我が国の軍隊に“知りません”があらせられるか!“忘れました”だよ」が表明される重要なシーンです。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

『神聖喜劇 第一巻』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


『神聖喜劇 完結六巻セット』(電子書籍限定)

→電子書籍はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!