毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2009.01.15

最終回 痛みのあとに

山口 ミルコ

最終回 痛みのあとに

  前に書いたが、痛みは忘れる。
 痛かったという事実は残るが、記憶は薄れてゆく。
 だから「頑張って」。 怪我から時間が経ってみると、たしかにそのとおりだった。
 だが、ほんとうにそれでいいのか?
 痛かった事実は、残っているというのに。
 私が階段から落ちたのは、それを学ぶためではなかったか。
  あたらしい年が始まった。今回を最終回にしたいと思う。
 本当にありがとうございました。
 およそ10年という長きにわたり連載させていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
   幻冬舎ホームページ創設者で連載開始から見守ってくれた永島賞二、茅原秀行の両名、いつも心のこもった感想と的確な指摘をくれたウェブマガジン編集長・有馬大樹、鮮やかなセンスで私のカエルに命を吹き込んでくれた木原いづみ、各氏はじめ幻冬舎の全メンバー、
 また、毎回、読書情報とともにあたたかい励ましの手紙をくださった山崎朱さん、いつも「もくもくと」更新してくださった管理人の小宮佳将さん、
 そして「みるけん」をみてくださったすべての方に最大の感謝を。
 みなさまの新しい年に、幸運が降り注ぎますように。
 またいつか。

山口ミルコ

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!