ついつい権威を笠に着ちゃうよねぇ、という話を前回に記しましたが、それでまた思い当たることがあります。

 現代社会における権威とは、「末は博士か大臣か」とかつて言われたように、大学教授や政治家先生にあるというよりはむしろ、人気に由来するように思われます。それゆえ権威はむしろ、TVに出るような芸能人やクリエイターと呼ばれる人たちにこそ、集中しているのが現実です。少なくとも私には、そのように見えます。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

小池龍之介『しない生活~煩悩を静める108のお稽古~』

→書籍の購入はこちら(Amazon)

→試し読み・電子書籍はこちら


小池龍之介『もう、怒らない』
→書籍の購入はこちら(Amazon)
→試し読み・電子書籍はこちら


小池龍之介『沈黙入門』
→書籍の購入はこちら(Amazon)
→試し読み・電子書籍はこちら