毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2015.08.05

第3回 お祭り男のイケイケ時代から一転。
新たな苦難の幕開け

宮川 大輔

第3回 お祭り男のイケイケ時代から一転。<br />新たな苦難の幕開け


大人気テレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」の「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」を書籍化した『世界の果てまでイッテQ! 宮川大輔のワッショイお祭り紀行 』が8/6に発売になります。

刊行を記念して、本書でも収録されている宮川さんのロングインタビューをplusだけで特別公開!
今年で9年目を迎えたお祭り企画。宮川さんの、世界のお祭りへの挑戦から苦悩まで、あますところなくお届けいたします。

 

 

 

イケイケ時代から一転、苦難にぶち当たる!

こうして、『鳥人祭り』『チーズ転がし祭り』と一気にハードルを上げすぎてしまったことによって、良くも悪くもこの先どんどん大変になっていくという(笑)。
 ここからどうやって祭りの足跡を踏んで残していくか、それが新たな課題となんねんけど。

© NTV

 このあと参加した『伝統的な木の車の祭り』も、時速70キロのなか、まったくブレーキが利かへん危険な祭りやったけど、『鳥人祭り』のあとやから、もう、何も怖ないっちゅう感じやった。

『伝統的な木の車の祭り』は、計3回することになってん。日本を代表するF1ドライバーの小林可夢偉が3回目に参戦というサプライズもあったり、回を重ねるごとにどんどんスケールアップしていったけど、それと反比例するように、案内人のアーノンの頭がどんどんハゲていくという時の流れを感じた祭りやったわ(笑)。

© NTV

 でも、気付けば8年やもんな。そりゃ、アーノンも俺も、おっさんになるわな。まさに俺のイケイケ時代(笑)。

 まだまだ語りたいところやけど、ココから先は、ぜひ本書を読んでいただきたい! そんで、お祭り男の雄姿を心に焼き付けてほしいわ。
「こいつ、やっぱり頭いかれてるわ! アカンわ~!」 って、みなさんに笑っていただけたら、これ幸いでございます。

 

★がついた記事は無料会員限定


『世界の果てまでイッテQ! 宮川大輔のワッショイお祭り紀行 』書籍の購入はこちら↓

amazon

楽天

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!