毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.08.01

第1話-10(最終回)

女の決心

木下 半太

女の決心

木下半太さんの最新作、『鈴木ごっこ』が映画化!オムニバス映画『家族ごっこ』内の同名作品(出演:斎藤工さんほか)として8月1日(土)から上映!これを記念し、物語の発端となる『鈴木ごっこ』緊迫の第1話を、毎日カウントダウン公開。小説と映画で異なるラスト。あなたは観るのが先?読むのが先?

最初の記事:第1話-1 わたしはカップラーメンを食べない
前回の記事:第1話-9 “鈴木ごっこ”前夜

豪邸に集められた4人はこれから1年間、家族として過ごさなければならない。呼び名も決まり、いよいよ“鈴木ごっこ”を始める4人だが…。


*  *  *
 

「この家にある家具……前に住んでいた人の物なのですかね」

 カツオがリビングを見渡して言った。

 高級な家具の数々に目を奪われる。どう見ても金持ちの家だ。

「これ、けっこういいテレビだよね。プラズマとかじゃない? 冷蔵庫もちょーデカイし。人工知能でかしこく節電とかやりそう」

 ダンが子供みたいにはしゃぐ。だが、中学生には到底見えない。

「家事はどう分担する? 俺は料理とかしたことないけどな……」

 タケシがカップラーメンのスープを飲み干して言った。

「ウチがやるよ。あんたの作ったご飯なんか食べたくないし」

「あんたではない。俺の名前はタケシだ。気をつけろよ、小梅」

「はいはい」

 早くも夫気取りだ。鬱陶しくて仕方がない。

「やべっ。タケシさん、父親モードじゃん」

「おい、父親に対してタケシさんはおかしいだろう」

 からかうダンを、タケシが落ち着いた声で窘(たしな)める。

「今はいいじゃん。近所の人は誰も見ていないんだし」

「普段から慣れておかないと失敗するぞ、ダン」

「わかったよ、父さん」

 聞いているこっちが照れ臭い。わたしはこの男を何と呼べばいいのだろう。「あなた」なんて絶対に嫌だ。

「私たちの前に、住んでいた家族は、どこに行ったんですかね?」

 カツオの言葉にわたしの背筋は冷たくなった。人が生活していた匂いは残るものだ。

「この状態だと、夜逃げでもしたんでしょうか?」

「……知らんわ。他人のことなんて気にしてられへん」

「母さんは冷たいなあ」

 ダンが、無理やり息子になって接してくる。

「いなくなった人を心配してもしゃあないやんか」

「どこかで会うかもしれないじゃん。同じ家に住むんだからさ」

「会いたくないわ。一刻も早く、こんな気味悪い家から出て行きたいねん」

「一年間の我慢だ。楽しく過ごせばあっという間だよ」

 タケシが力のない声で言った。

「楽しく」なんて不可能だ。本当の家族でも、楽しい時間なんてほとんどないのに……。

「ごちそうさまでした」

 ダンが食べ終えたカップラーメンの容器を持ってキッチンへと運ぶ。タケシもそれに続いて席を立った。カツオはトイレに行き、わたしは一人で食卓に残された。

 お腹が減った……。

 でも、わたしはカップラーメンを食べない。一口だけで、あとは手をつけていなかった。食べてはいけない理由がある。明日から新しい家族のために、栄養バランスの取れた食事を作らなければいけない。いつか、美しい食卓で、娘と美味しいご飯を食べるため、わたしは鈴木小梅になるのだ。

 今日から、鈴木ごっこが始まる。

 
*  *  *

※『鈴木ごっこ』第1章はここで終了です。続きが気になる方は、是非書籍をお求めください。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

木下半太『鈴木ごっこ』
「今日から、あなたたちは鈴木さんです」。巨額の借金を抱えた男女四人が豪邸に集められた。彼らの責務は、ここで一年間、家族として暮らすこと。見知らぬ者同士が「家族ごっこ」に慣れてきたある日、貸主から次なる命令が下った。「隣の奥さんを寝取れ」。失敗したら四人に未来はない--。貸主の企みの全貌が見えた瞬間、想像を超えた“二重の恐怖”がつきつけられる! まさかのラスト7行で震撼!この恐怖にあなたは耐えられるか!?


→電子書籍はこちら
木下半太さんの全幻冬舎作品を30%オフ&ポイント30倍還元中!

→書籍の購入はこちら(Amazon)

無料配信中!
木下半太『悪夢のはじまり 「悪夢」シリーズ試し読みパック+書き下ろし短編「ときめき過ぎる男」』
→電子書籍はこちら

→QUOカードが当たる!「悪夢」クイズはこちら
 


映画『家族ごっこ』 8月1日(土)公開!

「鈴木ごっこ」をはじめ、どこかズレた5組の家族が描かれるオムニバス作品。出演は注目を集める斎藤工、柄本時生をはじめ、でんでん、鶴田真由らベテラン勢も見逃せません。さらにはノンノモデルとしても活躍する新木優子、小林豊(「仮面ライダー鎧武/ガイム」)ら若手が勢いを与えます。監督は『グレイトフルデッド』が世界30以上の映画祭で上映、イギリス・ドイツでの配給も決定した内田英治監督と、今作が初メガホンとなる小説家・木下半太(「悪夢のエレベーター」「サンブンノイチ」)がタッグを組む異色作。また、今もっとも勢いにのるサブカル系アイドルグループ“ゆるめるモ!”がエンディングテーマを担当。メンバーの櫻木百は出演し演技も披露しています。シュールなファミリーたちの物語、どうぞご期待ください。

→映画「家族ごっこ」公式サイトはこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!