毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.07.30

第13回 北海道・帯広

そして誰もいなくなったソープランド

コラアゲンはいごうまん

そして誰もいなくなったソープランド

 冬のある日、全国ツアーで北海道の帯広を訪ねた時のことです。

 北の大地で熱心に僕を応援してくれている女性から、ある噂を調べて欲しいと依頼を受けました。

 ここ帯広には「帯広コルト」という、いっぷう変わったソープランドがあるらしい。

 風俗……いつもお世話になっています。

 がぜん興味が湧いてきました。食いつき気味に詳しく尋ねると、こんな話でした。

 

 まず、入店すると、受付にひとりのお婆さんが座っている。そして受付を済ませ、料金を支払うとこう言われます。

「はい、じぁあ二階の部屋で待っていて下さい。後で若い子を行かせますから」

 期待を胸に二階の部屋で待っていると――数分前に入浴料を手渡したそのお婆さんが、ソープ嬢として入ってくるのだそうです。

「チェンジッ!」

「はぁ?」

 耳が遠いふりをしてしらばっくれるお婆さん。

「チ、チェンジッ!!」

 さらに要求すると、やむなく出て行った泡姫婆さん、今度はドレスアップして部屋に入ってくるのだそうです。いや、そっちのチェンジじゃなくて……。

 

 帯広では、都市伝説的に広まっている話なのだそうですが、こんな噂のある店に、地元の人間はわざわざ危険を冒して足を運びません。そこで白羽の矢が立ったのが僕というわけです。

「私、女だから調べようがないし。それに、帯広の人なら誰もが食いつくネタだから――コラちゃん、行って調べてきて!」

 風俗は、僕も決して嫌いな方ではありませんから、二つ返事でその検証に行くことになりました。

 もちろん、調査費は自腹なんですが……。

 

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

このウェブ連載の単行本化が決定!

世にも稀なる「実録ノンフィクション芸人」が、
全国を行脚して集めた怒涛の実話ネタ、29本を一挙掲載!

『コレ、嘘みたいやけど、全部ホンマの話やねん』
コラアゲンはいごうまん
2016年5月12日、幻冬舎より発売

→電子書籍の購入はこちら
→書籍の予約・購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

No Name2015.8.5

ひとみ嬢の言葉沁みました!!! 安否確認もかねて 是非に「旭川コルト」取材楽しみにしています~

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!