毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2012.05.15

vol.268 ファイル040

空港のファーストフード店の超働き者の店員(シンガポール)

高野 秀行

空港のファーストフード店の超働き者の店員(シンガポール)

 

[お名前]西本久美子

[性別]女性

[欲しい記憶の時間]2001年8月

[国名]シンガポール

[都市名]シンガポール

[探して欲しい記憶の人名、物]空港のファーストフード店の超働き者の店員

[探してほしい記憶の人物の性別]男性

 

[探して欲しい記憶の詳細]

 バリ島を旅した際にトランジットで寄ったシンガポール空港で会ったファーストフード店の店員です。
 行きに寄ったときは深夜12時頃から私が出発する翌朝8時頃まで休みなく働いていましたが、深夜で店員が少ないなか、接客から店内の清掃まで1人でやっていて、めちゃめちゃ働き者でした(他の店員はダラダラしていました)。しかも見た目が長身の極細で弱弱しい感じだったのでとても印象的でした。
  もしかしたら帰りもいるかなと思いその店を覗いたところ、行きと同じようにめちゃめちゃ忙しそうに働いており、昼間から夕方にかけて休みなく働いていました。もしかしたら、私が行きに寄ったときから帰りに寄ったときまでの1週間、ずっと休憩を取らずに働き続けていたのではないかといまだに気になっております。普通に考えればそんなシフトで働くことは絶対ありえないのですが、あまりにも仕事熱心な姿だったのでもしかしたら思っております。
 高野先生であればこんなくだらないことでも確認していただけるのではないかと思い応募しました。よろしくお願いします。

 西本さんの依頼を読んで、学生時代に訪れた香港を思い出しました。香港人は銀行でもマクドナルドでもとにかくよく働いていました。それまで日本人は世界でいちばん働き者じゃないかと漠然と思っていたのに、彼らは私のような若者でも日本人の二倍速くらいで仕事をしている。しかも正確で動きに無駄がない。
 みんながそうなので少し怖くなってきたのですが、三日目くらいにふと適当なバスに乗って郊外に行き、歩き回っていたら、そこら中で雀卓をかきまわすジャラジャラした音が聞こえて、心から安堵しました。ああ、この人たちもずっとテキパキ働いているわけじゃないんだ、と。
 シンガポール空港のその店員も一心不乱に十数時間働いたあと、うちに帰ったら、麻雀三昧かもしれませんよ。今度、シンガポールに寄ったおりには訊ねてみますよ。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!