毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.07.27

第1話-5

それぞれの“鈴木”

木下 半太

それぞれの“鈴木”

木下半太さんの最新作、『鈴木ごっこ』が映画化!オムニバス映画『家族ごっこ』内の同名作品(出演:斎藤工さんほか)として8月1日(土)から上映されます。これを記念し、物語の発端となる『鈴木ごっこ』緊迫の第1話を、映画初日まで毎日カウントダウン公開。小説と映画で異なるラスト。あなたは観るのが先?読むのが先?

最初の記事:第1話-1 わたしはカップラーメンを食べない
前回の記事:第1話-4 4人が“鈴木”になった理由

これから1年間、家族として過ごさなければならない初対面の4人は、すぐに根本的な問題に気づく。顔が似ていない――。


*  *  *
 

「明らかに他人やん」わたしは泣きそうになった。「ご近所さんにソッコーでバレるで。ウチらヤクザに殺されて東京湾に沈められるかもな」

「殺されはしないだろ。たぶん、半殺しか、借金の上乗せだ」

 スーツの男が自信なさげに言った。

 どうやって、こんな奴らと家族になればええんよ……。

「私、離婚した妻との間に双子の娘がいるんです」

 ネルシャツの中年男が絞り出すような声で言った。

「へえ、そうなんだ。娘さんたちはいくつ?」

 スーツの男が、さほど興味なさげに訊き返す。

「二十歳です。成人したばかりの……。元妻はどうだっていいんですが、娘たちに危害を加えられないか、心配で心配で……」

「どういう危害? 具体的に言うと?」

「それは……」

 言葉に詰まるのは当たり前だ。わたしも娘がいる身だから気持ちはわかる。

「ソープに売り飛ばされるとか? 双子だったらちょー人気出るよね」

 パーカーの青年が、軽い口調で言った。まったく笑えない冗談だ。

「おい、やめてくれ」

「安心してもいいよ。可愛かったらの話だから」

 スーツの男の皮肉が、さらに追い打ちをかける。

「可愛いですよ、失礼な! 天使のようですよ! 写真見ます?」

 ネルシャツの中年男が懐から長財布を出し、札入れの隙間から写真を取り出した。スーツの男とパーカーの青年が身を乗り出して覗き込む。

「どうです? 私に似てなくて可愛いでしょうが」

 スーツの男とパーカーの青年は写真を見ながら苦笑いを浮かべた。

「微妙……だよね」

「二人ともあなたにそっくりだ。髪の毛が長いあなたが二人いるよ」

「えっ? 似てます? 初めて言われたなあ」

「ギャルっぽいメイクしてるけど……瓜二つじゃん。あ、瓜二つが二人いるから、瓜四つだね」

「複雑な心境です……」

 ネルシャツの中年男が、しょぼんと肩を落とした。

「これぐらい似てたら、誰が見ても家族なんだけどなあ」

 立ち上がっていたパーカーの青年が、自分の席に戻る。

「見ます?」

 ネルシャツの中年男が写真をわたしにも見せようとしたが、わたしは手を振って拒否した。

「もうええからしまって。そっちの家族のことより、こっちの家族の話をせなアカンやろ」

「す、すいません……」

 ネルシャツの中年男がさらにしょぼんとして写真を財布に戻した。いい人ではあるが構ってられない。わたしにはやらなければいけない仕事があるのだ。

「新しい名前を決める前に家族構成を決めようぜ」スーツの男が勝手に仕切り出す。「そもそも、みんなの実年齢はいくつだ?」

「自己紹介はせえへんのとちゃうの?」

 こいつの失礼な態度のせいで、こっちも、どうしても嫌味っぽくなってしまう。

「実際の年齢よりも、いくつに見えるかが重要なんじゃね?」

 パーカーの青年が珍しくまともな意見を述べる。

「じゃあ、こうしましょう。俺とあんたが夫婦という設定だ」

 スーツの男が、不躾にわたしの顔を指した。

「はあ?」

「あくまでも設定だよ」

「て、ことは……オレは二人の息子になっちゃうのかな? ちょっと、厳しいんじゃない? お姉さん、どう見ても二十代後半だもん。大学生の息子はおかしいでしょ」

 わたしは今年で三十八歳になる。童顔で身長も低いので昔から若くは見られるが、二十代後半に見られて、素直に嬉しい。

「大学生ではなく、中学三年生にする」

 スーツの男が、真剣な顔で言った。

「……えっ?」

 わたしとネルシャツの中年男が同時に顔をしかめる。

「マジ? オレ……十五歳に見える?」

「大丈夫。ガクランを着れば見える」

「いくらなんでも、無理があるんとちゃう? だって、実際には中学校には入られへんやんか」

「引き篭もりで、学校に行ってないことにすればいい」

 スーツの男は、反対されるほど、自分の意見を頑なに曲げないタイプのようだ。

「引き篭もりが普段から学生服着てへんやろ」

「細かいな」スーツの男があからさまな舌打ちをした。

「あんたに言われたくないわ!」

 キレそうだ。家族ごっこがなければビンタをして、今すぐここから出ていきたい。

「じゃあ、引き篭もり気味、くらいにして、通っている中学校がここから遠く離れた私立ってことにすれば問題ないよな。はい、決定」

 強引過ぎる。このままスーツの男のペースだとマズい。

「あの……お二人が夫婦で、彼が息子なのであれば、私は一体、何者なんでしょうか?」

 ネルシャツの中年男が不安げに訊いた。

「やっぱ、おじいちゃんじゃね?」

「おじいちゃん……ですか……」

 無理だ。どう見ても中年のおじさんなのである。

「白髪にすればいいんじゃね?」

「ど、どうやって白髪にするんですか?」

「小麦粉とかじゃない? まあまあいけるよ。オレ、中学の文化祭の舞台でおじいちゃん役やったときに使ったよ」

「毎日、頭に小麦粉をつけて生活しなくちゃいけないんですか?」

「外出するときだけじゃん。帽子感覚でまぶそうよ」

 パーカーの青年がまたケタケタと笑う。とにかく緊張感がなく、友達とじゃれてるみたいだ。

「帽子はともかく、小麦粉はちょっと……」

「わがままはやめろよ。赤の他人同士が一年間も家族を演じなければならないんだ。それぐらいの努力は当たり前だろ」

「……すいません」

 スーツの男に一喝され、ネルシャツの中年男が泣きそうになる。

「あなたの年齢は六十歳だ。いいな?」

「は、はい……」

「あかん、絶対、バレるわ。そもそもウチら顔が似てへんもん!」

 何とかして顔を似せなくちゃいけない。かと言って整形する金もない。

「いや、家族だからといって似ている必要はないぞ」スーツの男が鋭い視線で全員を見る。「そもそも夫婦は元は他人同士だ。再婚という設定にして、子供は俺の前の妻の連れ子にすれば似てなくてもオッケーだ。おじいちゃんはあんたの前の夫の父親にしようか。前の夫が死んで身寄りがないとか……」

「ややこしいわ!」

 わたしはパニック寸前だった。離れ離れになった娘の顔が脳裏を過る。

 
*  *  *

→次回第1話-6はこちら

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

木下半太『鈴木ごっこ』
「今日から、あなたたちは鈴木さんです」。巨額の借金を抱えた男女四人が豪邸に集められた。彼らの責務は、ここで一年間、家族として暮らすこと。見知らぬ者同士が「家族ごっこ」に慣れてきたある日、貸主から次なる命令が下った。「隣の奥さんを寝取れ」。失敗したら四人に未来はない--。貸主の企みの全貌が見えた瞬間、想像を超えた“二重の恐怖”がつきつけられる! まさかのラスト7行で震撼!この恐怖にあなたは耐えられるか!?


→電子書籍はこちら
木下半太さんの全幻冬舎作品を30%オフ&ポイント30倍還元中!

→書籍の購入はこちら(Amazon)

無料配信中!
木下半太『悪夢のはじまり 「悪夢」シリーズ試し読みパック+書き下ろし短編「ときめき過ぎる男」』
→電子書籍はこちら

→QUOカードが当たる!「悪夢」クイズはこちら
 


映画『家族ごっこ』 8月1日(土)公開!

「鈴木ごっこ」をはじめ、どこかズレた5組の家族が描かれるオムニバス作品。出演は注目を集める斎藤工、柄本時生をはじめ、でんでん、鶴田真由らベテラン勢も見逃せません。さらにはノンノモデルとしても活躍する新木優子、小林豊(「仮面ライダー鎧武/ガイム」)ら若手が勢いを与えます。監督は『グレイトフルデッド』が世界30以上の映画祭で上映、イギリス・ドイツでの配給も決定した内田英治監督と、今作が初メガホンとなる小説家・木下半太(「悪夢のエレベーター」「サンブンノイチ」)がタッグを組む異色作。また、今もっとも勢いにのるサブカル系アイドルグループ“ゆるめるモ!”がエンディングテーマを担当。メンバーの櫻木百は出演し演技も披露しています。シュールなファミリーたちの物語、どうぞご期待ください。

→映画「家族ごっこ」公式サイトはこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!