毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.07.15

メルマガ原稿~私のミッション

幻冬舎plus編集部

メルマガ原稿~私のミッション

7月6日

幻冬舎plusのメルマガ原稿を大急ぎで書く日。plusを始めてから、ちょっとした文章を書く機会が多くなった。この日記もそうだけど、自分の人格を出しながら文章を書くのはなかなか慣れない。七夕にちなんだ「出会い」の話から映画「マッドマックス」について。だいぶ強引だった。
メルマガの回数や内容は少しずつ変えている。記事に興味をもってもらえればと思う。

7月7日

藤沢数希さんと『ぼくは愛を証明しようと思う。』の大阪書店まわり。7時すぎに自宅を出て、10時55分に旭屋書店なんばcity店入口で藤沢さんと待ち合わせ。その後、紀伊國屋書店本町店、紀伊國屋書店梅田本店、ブックファースト梅田2階店、紀伊國書店グランフロント店、ブックスタジオ大阪店、ジュンク堂書店大阪本店、ブックスタジオ新大阪店と8店舗。POPをお渡しし、サイン本をつくらせていただく。ありがとうございます。

大阪に不案内な二人で巡ったので時間は押し気味ではあったものの、ランチにはお好み焼き、終了後にはたこ焼きをおいしくいただく。京都を旅行する藤沢さんと途中で別れ、帰京。

 

7月8日

午後に会議ふたつ。夕方、オムロンさんのサイト「Rhythm」オフ会に参加。血圧計や体重計が、どれもおしゃれなデザインで使いやすくてびっくり。昔、実家にあった血圧計は、大きくて難しくて、誰も使わなくなっていた気がする。体重を毎日計っていると自然と気を遣ってあんまり太ったり痩せたりしなくなるみたいに、血圧も計るうちになにかの傾向が見えてくるのかな、血圧の新しい切り口の本が作れないかな、などと自分の血圧を計りながら考える。

途中で抜け、神楽坂で打ち合わせ兼食事。

7月9日
plus関連会議ふたつ。夜の食事は、今日も神楽坂。落ち着いた雰囲気のフレンチレストランにひとりで食事に来ている若い男性がちょうど視界に入るところにいて、彼が一皿一皿じっくり見ながら、おいしそうに食べる姿がとてもよかった。

7月10日
午後、plusスタッフ4人で文藝春秋さんをお訪ねする。打ち合わせスペースがクラシカルで素敵で感激。うかがったお話もとても勉強になった。plusを立ち上げて1年半。運営にあたっては手探りのことばかりなので、まわりの方たちの話をいろいろ聞きながら、進んでいる感じ。

そういえば、次回の「バクシーシ山下の社会科見学」の告知が始まっていた。ゲストは美術家の会田誠さん。先週、Tシャツを引き換えに受けたミッションは、無事成功したのでした。このトークを聞きにいらっしゃる方は、会田さんの幻冬舎plusの連載「濃かれ薄かれ、みんな生えてんだよなぁ……」「色ざんげが書けなくて」シリーズを読んでいただくとおもしろいのではないかといまから勝手に想像している。(竹村)

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!