毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.07.25

第3回

チラ見せ『きらめく甲虫』③
虫の領分 ヒトの領分 ゴマダラカミキリ

丸山 宗利

チラ見せ『きらめく甲虫』③<br />虫の領分 ヒトの領分 ゴマダラカミキリ

 まるで銀細工のようなプラチナコガネ、日本の伝統紋様さながらに多様な柄のカタゾウムシ、虹色の輝きが美しいアトバゴミムシ……。
甲虫の中でもとくに金属光沢が美しいもの、珍しい模様を背負っているもの、色合いが芸術的なものを厳選して紹介する写真集
『きらめく甲虫』(丸山宗利・著)が刊行になりました。
 第3回は、色と模様が個性的なゴマダラカミキリの写真をご紹介します。
 

 体つきが頑強で触角が長く、実にカミキリムシらしい一群である。日本にも数種が生息する。東南アジアでは地域ごと、島ごとにさまざまな種が見られ、その多くの種は細かな水玉模様や帯模様に彩られて、色と模様の多様性が楽しい。しかし、幼虫が生きた木を食べるものが多く、街路樹や果樹の深刻な害虫となっているものもいる。

 

 レツモンゴマダラカミキリ
学名:Anoplophora asuanga 採集地:フィリピン・レイテ島 大きさ:36mm
胡麻の部分が大きい。

 


キモンゴマダラカミキリ
学名:A. horsfieldii 採集地:台湾 大きさ:36mm
模様が顔のようにも見えてくる。

 

 

ハデツヤオオゴマダラカミキリ
学名:A. albopicta 採集地:台湾 大きさ:48mm
堂々と風格のある姿。触角の根元も太くしっかりしている。

 

次回は7月29日(水)を予定しています。
『きらめく甲虫』刊行記念イベントの様子をレポートします。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍
 

丸山宗利『きらめく甲虫』
→書籍の購入はこちら(Amazon)
→電子書籍の購入はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!