毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.07.21

第2回

チラ見せ『きらめく甲虫』②
自己主張は色で チリオサムシ

丸山 宗利

チラ見せ『きらめく甲虫』②<br />自己主張は色で チリオサムシ

 まるで銀細工のようなプラチナコガネ、日本の伝統紋様さながらに多様な柄のカタゾウムシ、虹色の輝きが美しいアトバゴミムシ……。
甲虫の中でもとくに金属光沢が美しいもの、珍しい模様を背負っているもの、色合いが芸術的なものを厳選して紹介する写真集
『きらめく甲虫』(丸山宗利・著)が刊行になりました。
 第2回は、チリオサムシの写真を紹介。カラフルなものから地味な一色のものまで、様々な色の種類を持つチリオサムシをお楽しみください。

 


 オサムシはユーラシア大陸と北米大陸北部、北アフリカに大きな一群が生息し、オーストラリアと南米のチリ周辺にそれぞれ特産の一群が分布している。チリオサムシはチリの山岳地帯に生息し、各地でさまざまな種に分かれている。赤と青の派手なものから、茶色一色の地味なものまで、同じ種でも驚くほどの色のちがいが見られる。

 

 チリオサムシ
学名:Ceroglossus chilensis latemarginatus 採集地:チリ 大きさ:29mm
荒涼とした地に映える鮮やかな虹色光沢。

 

チリオサムシ
学名:C. chilensis mochae 採集地:チリ 大きさ:25mm
敢えて地味路線で主張する。

 

チリオサムシ
学名:C. chilensis solieri 採集地:チリ 大きさ:30mm
宇宙から見た地球のような青。 


 

チリオサムシ
学名:C. chilensis colchaguensis 採集地:チリ 大きさ:27mm
地色の青と茶、2色の配色が印象的。

 

次回のチラ見せは、7月25日(土)を予定しています。
色と模様の多様性が楽しいゴマダラカミキリを紹介します。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍
 

丸山宗利『きらめく甲虫』
→書籍の購入はこちら(Amazon)
→電子書籍の購入はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!