毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.07.21

第2回

チラ見せ『きらめく甲虫』②
自己主張は色で チリオサムシ

丸山 宗利

チラ見せ『きらめく甲虫』②<br />自己主張は色で チリオサムシ

 まるで銀細工のようなプラチナコガネ、日本の伝統紋様さながらに多様な柄のカタゾウムシ、虹色の輝きが美しいアトバゴミムシ……。
甲虫の中でもとくに金属光沢が美しいもの、珍しい模様を背負っているもの、色合いが芸術的なものを厳選して紹介する写真集
『きらめく甲虫』(丸山宗利・著)が刊行になりました。
 第2回は、チリオサムシの写真を紹介。カラフルなものから地味な一色のものまで、様々な色の種類を持つチリオサムシをお楽しみください。

 


 オサムシはユーラシア大陸と北米大陸北部、北アフリカに大きな一群が生息し、オーストラリアと南米のチリ周辺にそれぞれ特産の一群が分布している。チリオサムシはチリの山岳地帯に生息し、各地でさまざまな種に分かれている。赤と青の派手なものから、茶色一色の地味なものまで、同じ種でも驚くほどの色のちがいが見られる。

 

 チリオサムシ
学名:Ceroglossus chilensis latemarginatus 採集地:チリ 大きさ:29mm
荒涼とした地に映える鮮やかな虹色光沢。

 

チリオサムシ
学名:C. chilensis mochae 採集地:チリ 大きさ:25mm
敢えて地味路線で主張する。

 

チリオサムシ
学名:C. chilensis solieri 採集地:チリ 大きさ:30mm
宇宙から見た地球のような青。 


 

チリオサムシ
学名:C. chilensis colchaguensis 採集地:チリ 大きさ:27mm
地色の青と茶、2色の配色が印象的。

 

次回のチラ見せは、7月25日(土)を予定しています。
色と模様の多様性が楽しいゴマダラカミキリを紹介します。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍
 

丸山宗利『きらめく甲虫』
→書籍の購入はこちら(Amazon)
→電子書籍の購入はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!