毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.07.11

vol.3

「ゆるい」「しまっている」の違いは
生まれつきではない!

金城 真実

「ゆるい」「しまっている」の違いは<br />生まれつきではない!

プレゼント応募期間は終了しました。多数のご応募、ありがとうございました。

「セックスできれいになる」と「セックスで幸せになる」が同時に叶う「骨盤底筋体操」を紹介した、『彼が離れられなくなる!たった5分の魔法体操』。
 気になる本書の中から、そのコツをいくつかご紹介するダイジェスト企画。
 連載第3回は、女性の感度がいい、悪い、は変えられるというお話。
愛するパートナーとのセックスなのに、あまり気持ちよさを感じない……と悩む女性は必読です。

 

 第1回にも書きましたが、男性は、女性の膣がしまっていると、ペニスを挿入したときに、いっそう気持ちよくなります。

 ところで、膣がしまっているとは、どういうことをいうのでしょうか?

 実は、膣がしまるためには、膣を取り囲んでいる骨盤底筋に収縮力が求められます。

 骨盤底筋とは、骨盤の底を支える筋肉のことをいいます。自転車にのったとき、サドルが当たる部分といったらいいでしょうか。

 この骨盤底筋に弾力があり、しなやかに動く収縮力があれば、膣もしまりやすくなります。膣がしまると、男性が気持ちいいだけでなく、女性のセックスの感度もよくなるのです。

 骨盤底筋は筋肉ですから、20代をピークに、年々、衰えてきます。でも、若いうちから骨盤底筋を鍛えておけば、いつまでもセックスの楽しみを味わうことができるのです。

 一方、セックスをしてもあまり気持ちよさを感じないという人は、残念ながら骨盤底筋がゆるんでいる可能性が高いといえます。日本人は欧米人に比べて、骨盤底筋が薄い人が多く、それだけゆるみやすいのです。

 しかし、あきらめることはありません。骨盤底筋はだれでも鍛えることができるからです。

 骨盤底筋を鍛える体操を覚え、実践すれば、膣がしまりやすくなり、セックスのたびにオーガズムを感じることができるようになるのです。

 

連載第4回「しまりのある女はオーガズムに達しやすい」は、7月13日更新予定です。 

★がついた記事は無料会員限定

プレゼント情報

この連載をお読みの方の中から抽選で3名様にQUOカード500円分プレゼント!
→詳細・ご応募はこちら ※7月23日(木)締切


関連書籍

金城真実『彼が離れられなくなる! たった5分の魔法体操』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!