毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.06.28

浅間山小噴火、経堂 カレーパーティ、ネコ吸い×ニャンともコラボ。

浅間山小噴火、経堂 カレーパーティ、ネコ吸い×ニャンともコラボ。
 

編集菊地による、タイトル通りの日記です。

6月11日(木)
「ディップパレス」で晩御飯。月に一度は行くインド料理店。アルベイガン(ジャガイモ、ナス、タマネギ、トマトのドライカレー)と、マトンヴィンダーロ(トマトベースの激辛マトンカレー)。カレーはいつも安定確実の美味しさなんだけど、ここのナンが、わたしの中でベストナン。焼きたて熱々で、カリッとフワッの食感がいい。いつも食べきれずに持ち帰るので、冷凍庫にたくさん入ってる。

ナンバーワンナンとカレー。

6月15日(月)
浅間山へ。といっても、先週噴火警戒レベルが2に上がったので、火口のある前掛山ではなく、Jバンドを登る。急な岩場だけど、ジャングルジムみたいで面白い。正面に見える浅間山はいたって穏やかだった。いつもお風呂を使わせてもらう「浅間山荘」のご主人は、風評被害を心配されていた。

Jバンド。

穏やかな浅間山。

6月16日(火)
浅間山が小噴火した。昨日、ご一緒した軽井沢在住の作家さんから、「小噴火なので、まったく異変はありません。全国ニュースになると、みな警戒しすぎて、風評被害が怖いようです」とメールが。

6月17日(水)
経堂の「ガラムマサラ」で総勢12名のカレーパーティ。前菜のマトン、牡蠣、鯖缶などなど、なにもかも、美味しい。メインのカレーは、「梅風味のチキンカレー」と「ナスのキーマカレー」。「梅カレー」は、梅の酸っぱさがカレーのスパイスとすごく合う。辛いんだけどさっぱりしている。大人数でのコースだと「ビリヤニ」も食べられるのが嬉しい。あと、なぜかスパイシーなラーメンも追加でオーダーされていた。

梅風味のチキンカレー。
 
ビリヤニ。

6月19日(金)
淡路島に出張。名物「淡路たまねぎカレー」のレトルトをあれこれ購入。打ち合わせした作家さんと、夏の山行について相談。お盆明けに、北アルプスのいわゆる「表銀座」を縦走しましょう、ということになる。燕岳〜大天井岳〜西岳〜槍ヶ岳を3泊4日で。楽しみ!

「ネコ吸い妖怪」坂本美雨さんの『ネコの吸い方』と花王の「ニャンとも清潔トイレ」がコラボしたページがオープンする。「ネコ吸い」のお手本を、ぜひご覧ください。

6月22日(月)
彫刻家・はしもとみおさんの個展「旅する彫刻」で購入した猫のブローチが届く。会場で見たときに、あまりにうちの猫・せなにそっくりで、一眼惚れした。会場にいらしたはしもとさんにも、「そっくりですよね」と、と無理やりせなの写真を見せてしまった。

はしもとみおさん作のブローチ。

似てる。

6月24日(水)
カレーが表紙の文芸誌「GINGER L.」で、猫エッセイ「tサンとナロ」を連載してくださっている、たかしまてつをさん、中村文さんのご自宅へ。5年ぶりにナロと対面したら、覚えていてくれたのか(そんなことはないか)、近くにきて、歓迎してくれた。顔を寄せて、匂いを嗅いだり。ナロにメロメロのたかしまさんは、「ナロが他人に懐いてる……」とちょっとヤキモチを焼いていて、面白い。たかしまさんと二人で、存分に猫愛(うちの猫自慢?)を語り合う。それを文さんは微笑ましく見守ってくれる。次号で最終回なんだけど、どうやら、たかしま家にあらたな展開がありそうだ。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!