毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2013.11.12

土人たちとの夏(前編)

会田 誠

土人たちとの夏(前編)

 今年の夏は瀬戸内海に浮かぶ小さな島、男木島に1ヶ月半滞在した。瀬戸内国際芸術祭という大きなアートイベントに、僕が所属する「昭和40年会」という、全員昭和40年生まれの中年アーティストグループが選ばれ、過疎化で子供がいなくなり休校になった男木小中学校を展示会場として任されたのだ。

 もちろん東京で作った作品を業者を使って送り、パパッと教室に設置してすぐトンボ帰り、ということでもぜんぜん構わなかった。しかし僕としては「夏」「島」というキーワードが並んだら、次に「暮らす」というキーワードが続かないわけにはいかなかった。なんだろう、「夏休み」→「田舎へ一夏帰省」という連想か。僕はもともと新潟市育ちだから、お盆になって祖父母の住む新潟県の片田舎に行くのはいつも日帰りで、長期の帰省という風習に対するノスタルジーは微妙になかったりするのだが。日本国民に刷り込まれた共同幻想みたいなものだろうか。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

この連載の人気シリーズ「『色ざんげ』が書けなくて」が待望の電子書籍化!
→電子書籍の詳細・予約・購入はこちら(Amazon)


会田誠『美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


会田誠『カリコリせんとや生まれけむ』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!