辛子明太子といえば、福岡県の名物である。

 明太子つまりタラコはスケトウダラの卵巣で、それを唐辛子や調味液に漬けこんだものが辛子明太子だが、その起源をさかのぼると朝鮮半島に行き着くらしい。

 韓国ではスケトウダラを明太(ミョンテ)と呼ぶ。漁師がその明太の卵巣を塩辛にし、唐辛子を加えたのが原型で、いわばタラコのキムチである。

 ずいぶん前にソウルの百貨店で購入したが、やはりキムチの傾向が強く、ニンニクが効きすぎていて、日本の辛子明太子とは別物だった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

福澤徹三『ジューン・ブラッド』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『壊れるもの』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『再生ボタン』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼれの就職・転職術』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『もうブラック企業しか入れない 会社に殺されないための発想』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)