毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.06.12

「ラブ&ピース」映画&絵本完成記念特別企画③

「自称映画監督の園子温さんが死にました。」と――

園 子温

「自称映画監督の園子温さんが死にました。」と――

 

鬼才・園子温監督が20年間あたため続けたという魂の集大成「ラブ&ピース」。間もなく公開になる映画に先駆け発売中の監督自身による描き下ろし絵本には、その魂が凝縮されて詰め込まれています。映画公開と絵本発売を記念してお届けする特別企画の第3回。

今回は、絵本巻末に綴られたエッセイ「鈴木良一の闇」の一部をお届けいたします。本作「ラブ&ピース」が生まれることとなった25年前、園子温さんの眼前に広がっていた世界とは……。

 

* * *

 今から約25年前、オレは映画「ピカドン」(現「ラブ&ピース」)のシナリオを書き始めた。    
 二十代後半で、アルバイトをしながら映画会社に持っていくためのシナリオを日々、せっせと書きためていた。
 22歳で自主映画を撮りはじめて、その頃は自主映画仲間からはそこそこの「名声」があり、あとほんの少しのステップで上に行けるはず、と過信していた。ぴあフィルムフェスティバルという自主映画を作る人間なら、誰もが出品している一大自主映画祭でグランプリを獲り、ぴあのスカラシップで16ミリ映画「自転車吐息」も撮った。評判も悪くなかった。
 すべてはとんとん拍子だった。うまくいくと思った。甘い夢だった。
 2015 年の現在なら、そこまでいったらすべてうまくいくはずだ。今ならとんとん拍子。映画監督の新人が育っていくシステムがある。
 しかし、当時そこからの道筋などまったくなく、ただ荒野が、絶望的なくらい森の闇が、深い谷がそびえたっているだけだった。
 それでも口笛吹いて崖を登る自信があった。負けないぞ。
 ところが崖を何回登りつめても、まだその先に崖があったし、森もあった。最初のうちこそ、口笛なんぞ吹いて長い遠足になりそうだね、とうそぶいてゆっくり歩き始めた。
 そのうち口笛も自然に止まり、無口になって険しくなってくる坂を黙って登りはじめた。この崖を越えればと思ったら、また向こうに崖が見えた。最後の崖っぷちの向こうも、また険しい森。すでに道はなかった。走り抜けるのも不可能な本格的な森だ。 
 木を伐採し、けもの道をさがし、四つん這いでそこを駆け抜け、泥だらけで歩かねばならなくなった(今だったらそこは綺麗な舗装道路ができていて、スポーツカーに乗ってフリーウェイをびゅんびゅん走ってたちまち「映画監督」とやらになれる。だってオレが道を作ってやったから)。
 そう、あの「映画監督」っていう職業が自分のものになるんだ。
 もう少ししたら、映画監督になれるはずだ。そう、自分に言い聞かせてけもの道を歩き続けた。
 もう少ししたら「あなた、何やってる人ですか?」と人に聞かれ、「はい、映画監督です」と堂々と言えるようになる。
 あの頃もしも交通事故で死んでいたら、それが二十年後まで叶わなかった!「自称映画監督の園子温さんが死にました。」と呼ばれたんだろうな。
 いや、それもないかもしれない。

* * *

そんな暗澹とした日々の中で「ラブ&ピース」は生まれることとなるのでした。この後、園子温さんに起きた衝動とは……。続きは、絵本「ラブ&ピース」をご覧下さい!

★がついた記事は無料会員限定

「園子温:ラブ&ピース・ペインティングス」展

会期:2015年6月2日(火)~7月5日(日)
会場:ワタリウム美術館B1 オン・サンデーズ(東京都渋谷区神宮前3-7-6)

出版を記念して、園子温初めての絵画展「ラブ&ピース・ペインティングス」を開催中です。叩き付けられる絵具、飛び散る極彩色の飛沫、「園文字」と呼びたい剛直かつ異形の手書き文字。キャンバスに広がるもうひとつの「ラブ&ピース」の世界をぜひ体感して下さい。

問い合わせ:オン・サンデーズ(TEL:03-3470-1424)
www.watarium.co.jp/onsundays/

 

映画『ラブ&ピース』

6月27日(土)TOHOシネマズ新宿ほか全国
ロードショー!愛は、激しくて、切なくて、デカい怪獣、現る!なのに、大きな愛に温かな涙が流れる、感動エンタテイメント!

©「ラブ&ピース」製作委員会

監督・脚本:園子温
出演:長谷川博己、麻生久美子、西田敏行


公式サイト http://love-peace.asmik-ace.co.jp/

 

関連書籍

園子温『ラブ&ピース』

→書籍購入はこちらから(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!