毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.06.25

第11回

【公開終了】「規範」がないがゆえに、他人に不寛容になる日本人

岩波 明

【公開終了】「規範」がないがゆえに、他人に不寛容になる日本人

ログイン

こちらは会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち 〈バッシング・いじめ・ネット私刑(リンチ)〉』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


岩波明『文豪はみんな、うつ』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

こゆき2015.8.13

お書きになっていることがいまひとつ明確ではなかったように思います。わたしはanomieという言葉を最初に読んだのはDurkheinの Le suicideで、Dieuから見放された人間は不安になり、絶望して自殺するとみたいなことでした。先生は欧州でもDieuを信じている人間はほとんどいないみたいなことを書いておられますが、そんなことはありません。この点についてお話しても無駄だと思いますので、わたしのParisの先生でいわばわたしの人生を救ってくれたSciences Po教授のGilles Kepelが書いた世界的ベストセラーLa Revanche de Dieu をお読みになることをお勧めします。もちろん英語訳(確かハーヴァード大学出版会刊)も出ていて、アメリカでもベストセラーになりました。日本でも宗教の復讐というタイトル(これからして訳が間違っている)という恐るべき誤訳本が出ていますが、これはぜったいに読んではいけません。日本人は誤訳本ばかり読むから、こんなに無知蒙昧なのです。

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 「日本3.0」時代を生き抜くための必読書
  • からだを若く保つ、整体の知恵
  • 10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるヘルシーレシピ集
神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!