毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.06.08

第10回

【公開終了】「僕も紙一重で“中年童貞”だった」。
筑駒出身AV男優、森林原人(前編)

中村 淳彦

【公開終了】「僕も紙一重で“中年童貞”だった」。<br />筑駒出身AV男優、森林原人(前編)

今年1月に発売された新書『ルポ中年童貞』。連載時よりさらに多くの賛否が沸き起こった。「性は個人の自由なのになぜ、問題にするのか」「個人的な嫌悪がむき出しになっている」「現代の日本社会の闇が凝縮されている」――。意見、感想には真摯に耳を傾けながらも、やはり「なぜ、中年童貞が日本で増えてしまったのか」を引き続き考えていきたい。

 

本能がなければ、性欲はない

「現場の待ち時間に『ルポ中年童貞』を読みました。処女信仰とか20年前の恋愛を引きずっているとか、弱者イジメするとか、ヤバイことになっていますね。僕もアダルトビデオという仕事がなければ、中年童貞か性犯罪者だった。本当に紙一重だった……」

 超人気AV男優・森林原人氏(36)から、突然電話がかかってきた。感慨深い口調でそう言う。森林氏は依頼が殺到する人気男優で16年間アダルトビデオの第一線で活躍している。女性の経験人数は8000人、発射回数は10000発超。まさに女性とSEX漬けといった人生を送っている。

 そんな彼が“紙一重で中年童貞だった”とは、どういうことか。

*  *  *

電子書籍化に伴い、本記事は公開終了とさせていただきました。

本記事の内容は2016年6月24日発売の電子書籍『ルポ 中年童貞 僕も紙一重で“中年童貞”だった。筑駒出身AV男優、森林原人』に収録されております。

→書籍の予約・購入はこちら(Amazon)

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中村淳彦『ルポ中年童貞』
電子書籍はこちら
書籍こちら(Amazon)


中村淳彦『職業としてのAV女優』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!