毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.06.03

第13回

ありあまる鬱陶しさは忘却の彼方に

鈴木 涼美

ありあまる鬱陶しさは忘却の彼方に

 はなさんの家は港区のわりと地味な駅からさらにちょっと歩くという難点を除けば、見晴らしもよくてスーパーも近くて、何より広い部屋を高い家具で飾ってあるので、立地だけで部屋を選んだ私とだいぶ違ってビューティフル・ライフを手にしている。チワワが1匹、シーズーが1匹、これもまた両方ビューティフル・ドッグで、私から見ると悪趣味な、でも多分はなさん的には高くて品の良い服など着させられて、ビューティフルなマンションの装飾品の1つみたいで、ま、私は動物愛護派でもなんでもないので、彼女のロココ調の鏡とか天蓋付きのベッドとかを見るのと同じ、なんか高そうなわりに羨ましくないな、という感想とともに犬達を見守っている。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

鈴木涼美『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(amazon)


鈴木涼美『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』
書籍はこちら(amazon)


音声コンテンツ

鈴木涼美さん×二村ヒトシさん×開沼博さんトークイベント「鈴木涼美とは何者か?」
音声コンテンツ配信中!
 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!