毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.06.01

黒を着ない1週間

幻冬舎plus編集部

黒を着ない1週間

5月25日(月)

午前中に編集局の会議。6月後半刊行予定の本の帯コピーを先週からずっと悩んでおり、もう今日には決めなければと考える。なんとか、これ、というものをつくり、デザイナーさんに送る。カバーも入稿しなければいけない。ぎりぎりでドキドキする。

夜は、ここ一年間、偶然すれ違ったり、コンビニで会ったりすることが多く、そのたびに「今度飲みましょう」と言い続けた方と歌舞伎町の焼き鳥屋さんへ。「女で編集者を仕事に選ぶなんてちょっと変わってるよね?」と言われる。そうかな?そんなことないよ、と話しているうちにもう一軒行くことに。二軒目では知っている人たちがたくさんいて、パーティみたいだった。そんなわけで編集者の仕事はおもしろいですよ。


5月26日(火)

来客や細々としたゲラ作業。夜は新宿の京王プラザホテルで「女による女のためのR-18文学賞」の授賞式。大賞+友近賞は、秋吉敦貴さんの「明け方の家」。「17歳から働いていて、ずっと誰にも見せずに小説を書いていた。小説は生きるために必要なものだったから。でも、今回は友達に薦められ投稿した。原稿50枚が田舎から東京の真ん中につれてきてくれた」というスピーチにぐっとくる。そして、読者賞は、小林早代子さんの「くたばれ地下アイドル」。小林さんは、早稲田大学の文学部出身で、まわりには文学賞に投稿する人たちがたくさんいたそう。それを「甲子園を目指す高校球児が集っていた」と表現されていた。対照的なお二人。作品を早く読もうと思う。


5月28日(木)

朝は幻冬舎plusミーティング。PVの分析や連載をもう少し増やしたいね、という話など。午後、池袋でインタビュー。少し時間をつぶして、東京芸術劇場で上演されるブス会「女のみち2012再演」へ。「すべての賞味期限切れの女たちに捧ぐ」というコピーが衝撃的な、AV撮影現場を舞台にした5人のAV女優たちを描いた作品。それぞれがそれぞれの事情で一生懸命な姿は、たくましくておかしくて大笑いしつつも、どこか悲しい。賞味期限、承認欲求、男の欲望……どうしてもそんなことに思いを馳せてしまう。男の人はどういうふうに見るのだろう?
アフタートークは、雨宮まみさんを司会にブス会主宰のペヤンヌマキさんと上野千鶴子さん。いろんなテーマを孕んだ作品だけにもっと三人の話を聞きたかった。
そういえば、plusで連載中の「小劇場の美しい女優さん」にご登場いただいた、内田慈さん安藤玉恵さんも出演されていました。はじめて舞台のお芝居を見ることができてうれしかった。


5月29日(金)
黒を着ないのは今日が最後?」と社内で何人かの人に声をかけられる。土曜日まで続けるつもりです。今後は、明るい色でも大人っぽくを目標に。ちなみに、「黒を着ない」は、大草直子さんの新刊『私のたしなみ100』の「たしなみ1『黒を着ない』1週間を過ごす」に影響されています。


5月30日(土)

髪を切り、『アウトサイダー・アート入門』刊行記念の椹木野衣さん、会田誠さんのトークイベントでリブロ池袋本店へ。司会は、以前、幻冬舎で椹木さん、会田さんの担当だった穂原俊二さん。いちばん大きなホールが満員になるほどの大盛況。今回は、リブロさんと幻冬舎plusの共催イベントの5回目で、最後かもしれない。閉店が残念。リブロの辻山さんには、毎回、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

今回のトークのテーマは、「誰がアウトサイダーなのか?」。椹木さん、会田さんが最初に出会ったなれそめや、会田さんの『アウトサイダー・アート入門』感想から話はスタート。「自分は画狂人的なところがないから、椹木さんのアジテーションにつくつく胸が痛んだ」と気持ちを吐露される会田さん。「天才でありたいと思い、でも、自分は天才じゃないという諦念とともに表現活動が始まっている」と。お二人で一致していたのは、作品そのものに生の躍動があれば、作品名や作家名などいらないのではないか、ということ。表現者、批評者、それぞれの立場からの言葉がスリリングに響く対話だった。(竹村)
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!