毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.05.28

第20回 

クリスマスに働く女たち

壇蜜

クリスマスに働く女たち

・・・もはや同志。
 「クリスマスは何をしていますか?」「仕事です」・・・・・・去年もこんな合言葉のようなやりとりを交わして終わりました。

 聞く側も「たとえ何かあったとしても、言わないだろう」という前提で質問してくることが分かってしまって、余計に物悲しいのです。こちらとしても、何もないことを何もないと言えないくらいは分かっていますので、「仕事なんです。でもお誘いがあったら、勇んで参ります」なんて言ってそれが記事になり、世間様から「無理すんな勘違いババア」と言われる……お決まりのパターンです。

 そんな時はやはり働くことに限ります。外の仕事がないときも原稿などの内職仕事はやろうと思えばできますから、年の瀬まで悪口も小銭に変えるように努めているのです。ですからクリスマスに働き「娯楽を提供する側」に徹する女性を見ると、心から感謝と尊敬をします。

 戦はしたことがありませんが戦友を見かけたような気がしてならないのです。長いこと、クリスマスは働いていた記憶しかなくて、すっかり聖夜の享楽を忘れた女のいびつな寝言なので、恋人や配偶者と過ごした方々はどうか聞き流していただきたいのですが……。

 ともあれ(比較的)宗教に関係なく、(比較的)楽しく過ごすこの国で働く側に回って過ごすことを、どうか「寂しい」ではなく、「誇らしい」と思って欲しいと願います。
 サンタクロースの衣装を身にまとい、クリスマスらしい食料品を売る姿を見た時には「サンタ手当てをつけてくれよ、店長頼むよ」と念じながらその売り子の売るチキンを購入したのでした。2015年も低いところからお送りいたします。

<今月、壇蜜が気になったモノ>

撮影/壇蜜

 

いつも水槽にへばりついてる魚、オトシンクルスさん。
苔を食べてくれる触れ込みだったのに…やはり粉の餌の方が美味なようで。


出典:『GINGER』2014年12月号より 

 

★がついた記事は無料会員限定

雑誌『GINGER』について

定期購読はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!