毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.05.22

アジェについて/ユナイテッドモンモンサン

幻冬舎plus編集部

アジェについて/ユナイテッドモンモンサン

5月16日

新宿のゴールデン街劇場で舞台『アジェについて』を観劇。

映画監督の今泉力哉さんが初めて舞台の脚本・演出を担当した作品。ストーリーの本流はシリアスながらも、今泉監督の持ち味である、自然すぎる間と斜め上の言葉のチョイスは舞台でも健在で、笑いながら楽しめました。

ただ時系列が前後したり、劇中劇の形態をとっていたりと複雑な展開だったため、観ている間はなかなか頭がおいつかなくて。観劇後に場面を振り返っては「あれはこういう意味?」と考察しては余韻に浸れるスルメ舞台。

ぜひ再演して欲しい!

 

5月21日

下北沢SHELTERでバンド"ユナイテッドモンモンサン"のワンマンライブ。新曲から昔の曲まで幅広いセトリ。

ライブの後半、一番好きな曲がかかったとき、不意に『アジェについて』の中のセリフが頭をよぎりました。そのセリフは登場人物の一人、それまで演劇を見たことなくて、演劇なんて…と見下していた男が、初めて見た舞台に感動して言った「舞台に俺がいた」というもの。劇中ではその男がコロッと心変わりする様がコミカルで、一番と言っていいほど笑える場面だったのですが。

それをライブ中に思い出し「あぁ、こういう気持ちなのか」と、なんだか涙が出てきてしまいました。

「自分のこと」を描いてくれる舞台に出会えた幸せと、「自分のこと」を歌ってくれる曲に出会えた幸せを、同時に感じた瞬間。だから小劇場も、ライブハウスも、やめられないんだよなあ!(柳生)

 

小劇場といえば … 今泉力哉監督の映画『サッドティー』にも出演された内田慈さんのインタビューもどうぞ!→ 糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣) 第一回ゲスト 内田慈さん「小劇場ならではの自由度を味わってほしい」<小劇場の美しい女優さん>

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!