毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.05.26

第5回 ミーハーであること、そしてイメージアイコンはおしゃれにおいて必要不可欠

大草 直子

第5回 ミーハーであること、そしてイメージアイコンはおしゃれにおいて必要不可欠

人気スタイリスト・大草直子さんの新刊『私のたしなみ』が5月27日(水)に発売になります。

おしゃれも、毎日の暮らしも、人生も。年を重ねるほど、豊かで自由で、心地よいものであってほしい。大草さんがそんな思いで日々心がけていることが、100個、綴られています。今すぐできなくてもいい。でも、少し意識するだけで、毎日は変わっていくのです。

刊行を記念して、100項目の中から、いますぐできる10の「たしなみ」をご紹介します。


 

たしなみ9
この人!というイメージアイコンをもつ

写真集や映画、ブログやインスタグラムでもいいのです。イメージアイコンを意識すると、ファッションや、もしかしたら生き方までもクリアになります。彼女に近づくため――ではありません。選択肢が5つ生まれたときに、自分にとって確かな1つを選ぶための、方位磁石にするのです。

 

たしなみ10
ミーハーであることを恐れない

鮮度を大切にすることは、面倒くさくてついつい後回しにしがちなので、ミーハーであることを忘れないようにしています。新色のリップを試してみる、話題のお店をのぞいてみる。人気のある人のバックグラウンドを調べてみる、など。心を動かし、手を動かすことはやっぱり大切。さまざまな情報の中で、自分に必要なものをピックアップする反射神経にもつながります。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

大草直子『私のたしなみ』

→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!