人気スタイリスト・大草直子さんの新刊『私のたしなみ』が5月27日(水)に発売になります。

おしゃれも、毎日の暮らしも、人生も。年を重ねるほど、豊かで自由で、心地よいものであってほしい。大草さんがそんな思いで日々心がけていることが、100個、綴られています。今すぐできなくてもいい。でも、少し意識するだけで、毎日は変わっていくのです。

刊行を記念して、100項目の中から、いますぐできる10の「たしなみ」をご紹介します。


 

たしなみ9
この人!というイメージアイコンをもつ

写真集や映画、ブログやインスタグラムでもいいのです。イメージアイコンを意識すると、ファッションや、もしかしたら生き方までもクリアになります。彼女に近づくため――ではありません。選択肢が5つ生まれたときに、自分にとって確かな1つを選ぶための、方位磁石にするのです。

 

たしなみ10
ミーハーであることを恐れない

鮮度を大切にすることは、面倒くさくてついつい後回しにしがちなので、ミーハーであることを忘れないようにしています。新色のリップを試してみる、話題のお店をのぞいてみる。人気のある人のバックグラウンドを調べてみる、など。心を動かし、手を動かすことはやっぱり大切。さまざまな情報の中で、自分に必要なものをピックアップする反射神経にもつながります。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

大草直子『私のたしなみ』

→書籍の購入はこちら(Amazon)