毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.05.24

第3回 色を表す言葉と、歳時記を知る

大草 直子

第3回 色を表す言葉と、歳時記を知る

人気スタイリスト・大草直子さんの新刊『私のたしなみ』が5月27日(水)に発売になります。

おしゃれも、毎日の暮らしも、人生も。年を重ねるほど、豊かで自由で、心地よいものであってほしい。大草さんがそんな思いで日々心がけていることが、100個、綴られています。今すぐできなくてもいい。でも、少し意識するだけで、毎日は変わっていくのです。

刊行を記念して、100項目の中から、いますぐできる10の「たしなみ」をご紹介します。


 

たしなみ5
色を表す言葉をよく知っている

例えば、はちみつ色のヴィンテージレザー、珊瑚色のリネンのブラウス。キャラメル色のシルクのスカート。難しい色名でなくていいのです。即座にイメージできる、そんな表現力をもっていたいものです。イエローや赤、ブラウン――と言ってしまえば、人によって想像する細かな「色み」はそれぞれ。もし、誰もが、1つの色を想像するような言葉をもつことができたら、自身のおしゃれが前に進むだけでなく、言葉でのコミュニケーションの幅がぐんと広がります。

 

たしなみ6
歳時記に詳しくなる

歳時記、とは日本の習慣などをまとめたものです。気が遠くなるほどの時間の積み重ねの中で、私たちの先祖が祈りや願い、けじめとして形にしてきた「その日」を、私たちも忘れてはいけないと思うのです。例えば2月3日の節分。豆まきをするのはもちろんですが、旧暦で1年の始まりを迎えるこの日、新しいタオルをおろしたり、1年の目標を立てたりします。
 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

大草直子『私のたしなみ』

→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!