毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.05.23

第2回 普段使いの小物と、贈り物にこだわりを持つ

大草 直子

第2回 普段使いの小物と、贈り物にこだわりを持つ

人気スタイリスト・大草直子さんの新刊『私のたしなみ』が5月27日(水)に発売になります。

おしゃれも、毎日の暮らしも、人生も。年を重ねるほど、豊かで自由で、心地よいものであってほしい。大草さんがそんな思いで日々心がけていることが、100個、綴られています。今すぐできなくてもいい。でも、少し意識するだけで、毎日は変わっていくのです。

刊行を記念して、100項目の中から、いますぐできる10の「たしなみ」をご紹介します。


 

たしなみ3
ハンガーはブランドを統一している

ドイツ製のマワというブランドのハンガーを愛用しています。ニットやカットソーの肩山が変形しない、そして、収納のスペースを最小限にできる、というのが理由です。誰かに買われ、クローゼットに収まったときから、ニットやカットソーの人生は始まります。誰にも真似できないコーディネートは、その1点1点をリスペクトし、大切にしてあげることからスタートするのだと思います。お気に入りの服たちが、気持ちよさそうに、自分たちのスペースに収まっているのを見るのが好きです。

 

たしなみ4
プレゼント上手になる

親しい友人が言っていたこと。「プレゼントにリボンをかけるのは、相手と自分のご縁をつなぐ、という意味がある」。プレゼントは、相手を考える時間と行動を形にしたもの。ウィーンに本店がある、デメルの焼き菓子やチョコレート、オーストラリアのスキンケアブランド、イソップのトラベル用キットなどは、私がよく持参するもの。「つまらないものですが」とは言いません。だって、時間をかけて電車を乗り継いで買いに行ったものだから。
 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

大草直子『私のたしなみ』

→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!