毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.05.18

ダイエット/トークイベント/トルコ桔梗

幻冬舎plus編集部

ダイエット/トークイベント/トルコ桔梗

5月15日

今日から幻冬舎plusの編集部日記が公開される。はずかしさを気にしないくらいにはやくなりたい。

再校ゲラを届けたり、対談原稿を整理したりしているうちに23時すぎ。GWの体重増が戻らず(T_T)、最近は、明治神宮前まで歩いて帰るようにしている。これまでダイエットしようと決意するとうまくいかず、ダイエットのことを意識せず、別のことに集中しているほうがやせるというのが経験則としてあるけれど、でも、何もしないわけにもいかないので。

ただ、ダイエット本を編集しているときはやせます。これまでエリカ・アンギャルさんの『世界一の美女になるダイエット』や細川貂々さんの『本当はずっとヤセたくて。』など作ったけれど、内容に啓発されるのか、ぐんぐん効果が出るのです。中途半端に意識するのではダメということなのかなと思いつつ、しばらくはできるかぎり歩くつもり。


5月16日

夕方、青山ブックセンターで開催される、椹木野衣さん『アウトサイダーアート入門』刊行記念トークイベントへ。ゲストは、国立近代美術館の学芸員、保坂健二朗さん。「人が誰にも頼まれずに創作するとはどういうことか?」について、みっちり2時間。本にも登場する、火山を記録したい欲望から、昭和新山の成長を描き続けた、三松正夫の話(アマチュアの郵便局長がなぜあそこまでやる必要があったのか?)や、二笑亭を発見した精神科医の式場隆三郎をはじめとする「芸術と精神科医」の関係など。保坂さんが最後のほうでおっしゃっていた「絵があるっていいな。私たちは絵によってその人のイメージが受け取れるし、伝えることができる」という言葉がとても印象的だった。写真や映像ではなく、“絵”で表現することの意味をあらためて考えた。

打ち上げは近くのうどん屋さんにて。名物のハムカツなどをいただきながら、椹木さん、保坂さんにどういうきっかけで美術に惹きつけられるようになったのか、というお話などを伺う。私は、美術に詳しくないので、一生懸命聞きながら、勉強。

5月30日には、リブロ池袋本店で『アウトサイダー・アート入門』刊行記念トークイベントが会田誠さんをゲストに開催されるので、こちらもたくさんの方に聞いてほしい。


5月17日

家に飾るためのトルコ桔梗を買い、ついでに家人に花の名前を教える。すると、「洋名は? 何の仲間?」などいろいろ聞かれるので、調べることに。洋名は、ユーストマ。すずらん科です。こうして花と誰かの記憶が結び付いていくのだな。(竹村)

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!