毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2000.12.15

アカデミックに"カレー"というものを考えてみる。

シギー&ガース

アカデミックに

 
 どうも!
 シギー35歳です。
 年末になって、ますますカレーが食べられないので困っています。
 げぷー。
 だってカレー忘年会って、みんな嫌がるんだもん。
「飲んだあとの、シメにカレー行かない?」
 って、ちょっと言えないし。
 げぷー。
 きょうはちょっと趣向を変えてアカデミックに『日本人はカレーライスがなぜ好きなのか』(井上宏生著 平凡社新書)という本を読んだ感想を書いてみます。まず、最初に「なぜ」好きなのか、という最大の疑問に、この本は、あまり答えてくれていません。
 で、おもしろくないか、というと、そんなことはなくて、日本人とカレーのつきあいの歴史をまじめに知りたい、と思っている人には、なかなか勉強になります。はじめてカレーを見た日本人とか、はじめてカレーを食べた日本人の話を、どれだけ多くの人が欲しているかは、ちょっとわかりませんが。
 わたしが興味を持ったのは「日本の軍隊はカレーが好きだった」という章で、カレーは軍隊食としてもよく食べられ、戦後、兵隊がそれぞれの故郷に帰って、これを広めたそうです。文化の伝播には、やはり戦争やら軍隊というものが欠かせないんですね。
 あと、まったく知らなかったんですが、かつて(といっても1959年のことです)S&Bから「即席モナカカレー」なるものが発売されていて、これは和菓子の最中の、あんにあたる部分がカレーのルウになっていて、煮込んだ野菜にそのまま入れると、もち米でできたモナカの皮の部分が溶けてとろみになっておいしくなる、というアイディア商品だったらしい。本の中ではこれ写真入りで紹介されていますが、見た目は三角のおむすび形の最中。必見です。このモナカカレー復刻してくんないかな。あしたS&Bに電話してみます。
「なぜ日本人はカレー好きなのか?」
 この本の中では、日本のカレーのルーツは、インドから直接やってきたのではなく、つまりアジア食として日本に伝わったのではなく、イギリス経由の、あくまで洋食として普及したから、こんにちのカレーの隆盛があるのだ、と結論づけていますが、そうかなあ、と思います。だってイギリスではカレーなんて、いまではほとんど見かけないし、インドカレーの店のほうが欧風カレーの店より日本ではずっと多いし。
「なぜ日本人はカレー好きなのか?」
 わしなりに考える、この問いの答えは、日本のカレーがカレーライスだからだと思います。日本の米にカレーをかけてカレーライスにすると、日本の米がうまいからです。つまり、カレー好き、といったって、カレーだけ食べてる人なんてほとんどおらず、パンにつけて食べる人も少数で、やはりカレーはカレーライスじゃないといけないわけで、このライスこそジャパンなんです。米の引き立て役なんです。
 米がうまくなきゃカレーはヒットしません。というわけで、ひさしぶりにカレーライスにGO!

 

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!