毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2001.01.15

世界一おいしいカレーを求めて。

シギー&ガース

世界一おいしいカレーを求めて。

 

 いつまで続くか!?  の、本格カレー殺人事件ですが、今年もよろしくお願いします。ガースです。今年で35歳になります。ぎゃー。そろそろカレーで胸もやける歳頃です。
 さて、前回のわたしに続き、今回はシギーが出張にてお休みです。いったいどこに行ってるの? シギー。睡眠は大事よ。
 私はねー、年末出張で沖縄に行ってましたよ。約1週間でしたが、カレーはホテルで1回食べたのみ。離島ばかり行っていたのですが、カレー屋さん、インド料理店は一度も目にしませんでした。沖縄、カレー人気ないのかなあ。だって、ソーキそば、うまいもんね。毎日食べてもいいくらい。あと、あの島とうがらし。タバスコの10倍くらい辛くって、沖縄料理すべてに合う。こんなうまくて辛いスパイスがあれば、カレーじゃなくてもいいか、と思ってしまいます。
 でも、沖縄本島には「インド人街」があるそうです。世界各国に中華街があることは有名ですが、インド人街もとてもたくさんあるそうです。タイやシンガポールにも。これは写真家の小林紀晴さんに教えていただきました。
 そういえば、ニューヨークでインド人街へ行ったことを思い出しました。1ブロックくらいが全部インド料理店、インド食材店で、そのエリアを歩くだけでスパイスの香りが漂ってきて……楽しかった~。もちろん、そこで入ったインド料理店はすんごくうまくて、毎日インド人街に通ってはじから食べて歩きたかったです。まあ、旅行者としてはそういうわけにもいかず、食材店でいろいろスパイスを買い込んで帰ったんですが、しばらくスーツケースを開けるたんびに、カレーの匂いがしました。
 東京にもインド人街があればいいのに……。そしたら本格カレー殺人事件も長く続くかも !? 

 

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!