毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.05.20

第2回

「必ず、治します」そのひとことが、どうしても言えない。

中山 祐次郎

「必ず、治します」そのひとことが、どうしても言えない。

 AKB48のメンバーなど著名人と直接交流できるスマートフォンのアプリ「755」をご存じですか。「755」で、一般ユーザーでありながら、著名人顔負けの人気者となった「藪医師(やぶいし)」。34歳独身、大腸がん手術が専門の現役外科医です。
その藪医師こと中山祐次郎さんが、初めての著書『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと~若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日』を刊行しました。
 連日の手術、術前術後のケア、後輩の指導、論文執筆や学会発表など、若手医師の日常はとにかく過酷。その激務の合間を縫って、ときに眠れなくなり食べられなくなり涙しながらも、書かずにはいられなかったのが本書です。
読売新聞の読書欄でも紹介され大きな反響を呼んだ本書の一部を、全3回でご紹介します。第2回は本文に間奏曲のようにはさまれたエッセイ「医者の見た夢」より。

* * *

 あるご夫婦のお話です。

 七十歳少し手前のご夫婦は、その小さな個室で泣いていた。私は、黙っていた。

 二週間前、多くの医師が集う合同カンファレンスで、その患者さんについてのプレゼンテーションがあった。九州なまりの内科医が困った顔でプレゼンをしていた。

「患者さんは○○さん、六十五歳男性。ちょっと問題のある方なのですが……」

 その患者さんのお腹のなかには握りこぶし大の謎の腫瘍があって、それが小腸に嚙み付いていて出血をさせているのだという。半年前から見つかっていたが、出血も痛みもないためとくに治療をせず様子を見ていた。

 しかし徐々に腫瘍は大きくなり、次第に便に血が混じるようになった。そして出血が多くなり、今では三日に一回は輸血しなければ危険な状態となってしまった。

 内科医は、CTを前のスクリーンに呈示しながら、続けた。
「ここに手拳大(しゅけんだい)の腫瘍を認めます。小腸のがんか、リンパ腫か、どんな腫瘍かはっきりしません。しかし小腸に浸潤(しんじゅん)しており、出血はこのためと思われます」

「原因はなんなんだよ」
「この患者さんは手術には耐えられない」
「術中死(じゅつちゅうし)するぞ」
「そもそもこれががんだったら、手術をしてもすぐ再発して助からないのでは」
 侃々諤々(かんかんがくがく)の議論が交わされた。

 この患者さんは、心臓がきわめて弱かった。おまけに昔、脳梗塞を何度もやっており、これだけ出血がひどくても、血を止まりにくくする薬「ワーファリン」をやめられない状況だった。

 結局のところ、議論はある外科医の一言で収束した。

「切らなきゃ確実に失血死する。切ったら、もしかしたら助かるかもしれない。やろうよ」

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中山祐次郎『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!