毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.05.16

外国人同性カップルにとっての日本

イシコ

外国人同性カップルにとっての日本

『世界一周ひとりメシinJAPAN』で数々の「日本の中の異国」「日本で食べられる世界の料理」を紹介してくださったイシコさん。文庫に掲載しきれなかったお店や料理も数々あったとのこと。今回の番外編でお邪魔したのは、フィリピン人同性カップルのお宅です。

フィリピン人のゲイとマライアキャリーの関係性

「僕、ゲイなんです」、「私、レズなんです」

 そう告白されたことが人生の中で何度かある。二十人に一人の割合で、LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランス)は存在すると言われ、決して珍しいことではない。しかも僕自身も既に中年になり、世の中は様々な人たちで成り立っていることを、経験を通して理解しているので驚きもしない。当然、彼らがLGBTと聞いて、関係性が変わるわけでもない。

 ただ、告白された直後の自分の表情と返す言葉について、いつも後から振り返ってしまう。あれでよかったのかなぁと。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

イシコ『世界一周ひとりメシ in JAPAN』
電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)


イシコ『世界一周ひとりメシ』
電子書籍はこちら
豪華無料立ち読み版電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!