毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.06.22

『きらめく甲虫』刊行記念トークイベントのお知らせ

『きらめく甲虫』刊行記念トークイベントのお知らせ

まるで銀細工のようなプラチナコガネ、日本の伝統紋様さながらに多様な柄のカタゾウムシ、虹色の輝きが美しいアトバゴミムシ……。甲虫の中でもとくに金属光沢が美しいもの、珍しい模様を背負っているもの、色合いが芸術的なものを厳選して紹介する写真集『きらめく甲虫』が7月上旬に刊行となります。
今回は刊行を記念して、著者の丸山宗利氏によるトークイベントを開催。美しく輝く虫の写真をお見せしながら、世界各地の虫事情、採集や撮影の裏話など、本には収まりきれなかった甲虫愛をお話しします。


●そもそも甲虫ってどんな虫?
●なぜ敵に狙われそうなきらきらした姿なのか?
●模様を拡大すると、宝石みたいに美しいものも
●輝きは色素によるものではなく、表面の構造で光を反射している
●きらきらした姿には体温の上昇を防ぐ役目も
●カタゾウムシの複雑な模様を上手に真似るカミキリムシ
●タイ、カメルーン、マダガスカル、コスタリカ、中国、日本……世界各地の虫事情
など

日時: 7月22日(水) 19時30分~
場所: ジュンク堂書店池袋本店 4F喫茶

★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5
ジュンク堂書店池袋本店のイベントページはこちら
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=9089

【講師紹介】

1974年東京都出身。北海道大学大学院農学研究科博士課程修了。博士(農学)。九州大学総合研究博物館助教。大学院修了後、日本学術振興会の特別研究員として3年間国立科学博物館に勤務。2006年から1年間、同会の海外特別研究員としてアメリカ・シカゴのフィールド自然史博物館に在籍。08年より現職。アリと共生する好蟻性昆虫が専門。シカゴ在任中に深度合成写真撮影法に出会う。現在、研究のかたわら、さまざまな昆虫の撮影も行っている。著書に『ツノゼミ ありえない虫』(幻冬舎)、 『森と水辺の甲虫誌』(編著)『アリの巣をめぐる冒険』『アリの巣の生きもの図鑑』(共著)(いずれも東海大学出版会)などがある。近著『昆虫はすごい』(光文社新書)は10万部のベストセラー。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

丸山宗利 著『ツノゼミ ありえない虫』

→電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!