毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2002.07.15

第5回

ちょっと人手不足かも

シギー

ちょっと人手不足かも

 

 どうも!
 副編のシギーです!
 終わった。わしズム第2号の編集が終わった、はずだ。あとは何も問題がないことを祈るだけ。
 いまは7月12日(金)昼すぎ。
 さきほど印刷会社にすべてを渡した。
「間に合いますよね?(薄笑)」
 わたしの問いかけに印刷屋さんは答えてくれなかった。
 そりゃ、そうかも。
 だって、25日の発売ってことは22日には雑誌ができてないと間に合わないわけで、となると、いったいいつ印刷・製本するんだあ! という印刷会社の心の叫びはわたしにもじゅうぶんに聞き取れますです。
 ははは、どうなるんだろう、わしズム?
 わたしは、ちゃんと25日の発売日に店頭に並んでいることに賭けるね、2000円。

 さて。
 今回のvol.2キツい進行でしたが、内容はものすごく濃い。
 かなりの自信作です。
 初登場の漫画家先生の作品が掲載され、これがそうとうおもしろいし、ルポものもかなり考えさせられるし、新しく始まった連載講座も日本で唯一のものになるだろうと自負してるし……。
 連載陣は、さらに、ほんとに、さらに充実して、もう、こんなにおもしろい雑誌、世の中にない、ってかんじよ、ほんとに。
 ザッツ・エンタテインメント!
 もう期待に絶対にこたえられます。
 あと2週間待っててください!
 早くお見せしたいから印刷の中ちゃん(中央精版印刷株式会社さん)も頑張ってよお!

 それにしても、わしズム編集部隊ちょっと人手不足かも。
 ここまで遅れてしまったのには、こちらの人手不足そうとう関係してるよな。
 アルバイトとか募集したら来てくれる人いるかなあ。
 名づけて「わしズム隊」。
 でも、もちょっといまのメンバーで頑張ってやってみるか。
 そんなこんなで、わたしシギーの副編37歳の夏は過ぎゆく。

 次回この「副編日誌」は「わしズムvol.2」の内容を紹介します!

 

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!