新国立劇場・演劇公演『東海道四谷怪談』の上演にあわせて、松井今朝子氏による演劇講座が開催されます。

文政8年(1825年)の初演から今日まで様々なかたちで上演、上映されている四世鶴屋南北の人気狂言『東海道四谷怪談』。なぜそれ程に人々を魅了し続けているのか、その魅力を解明します。

 

 

新国立劇場マンスリープロジェクト
演劇講座[東海道四谷怪談の魅力]

6/14(日) 18:00 中劇場
講師:松井今朝子(作家)
入場無料。参加申し込みが必要です。

→参加申し込みなどの詳細はこちらから 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

松井今朝子 著『吉原十二月』

→電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


松井今朝子 著『幕末あどれさん』

→電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

 

松井今朝子 著『東洲しゃらくさし』

→電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

 

松井今朝子 著『吉原手引草』

→電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)