毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.05.03

第8回

詩人、アラブを食す

文月 悠光

詩人、アラブを食す

  異国の旅に付き物なのが、新たな食べものとの出会い。それは現地の人々と打ち解けるきっかけにもなる。実際、私はアラブの食事に馴染んでいくにつれて、UAEの人々に親しみを覚えるようになった。目の前のひと皿に挑めば、思わぬ味が潜んでいて、舌も胃が撃たれたように震えた。増幅する好奇心。おお、これが食べるってこと?味わうってこと?
 外国人労働者が多く住むUAEには、様々な国の料理屋が点在している。インド、イラン、モロッコ、トルコ、レバノン、イエメン、エジプトと幅広い。「これはイラン料理だよ」「レバニーズだよ」と教えてもらうが、基本形は皆よく似ている。同じ食文化を共有し合っていたのだろう。
 各所に地元発祥のエミレーツ料理のレストランがある。レストランの壁には、近代化前のドバイの風景写真が掲げられ、砂漠の民の人形やラクダの置物が置かれている。UAEの「古き良き時代」を再現しているようだ。 

 

  最初に運ばれてきたのは野菜の前菜。ひよこ豆と練りごまをペースト状に混ぜた〈フムス〉、パセリとトマトを刻んだサラダ〈タブラ〉を、丸いナンのようなパン〈クマージュ〉につけて頂く。どちらもさっぱりとした味わいで飽きない。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!