毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2015.05.03

第8回

詩人、アラブを食す

文月 悠光

詩人、アラブを食す

  異国の旅に付き物なのが、新たな食べものとの出会い。それは現地の人々と打ち解けるきっかけにもなる。実際、私はアラブの食事に馴染んでいくにつれて、UAEの人々に親しみを覚えるようになった。目の前のひと皿に挑めば、思わぬ味が潜んでいて、舌も胃が撃たれたように震えた。増幅する好奇心。おお、これが食べるってこと?味わうってこと?
 外国人労働者が多く住むUAEには、様々な国の料理屋が点在している。インド、イラン、モロッコ、トルコ、レバノン、イエメン、エジプトと幅広い。「これはイラン料理だよ」「レバニーズだよ」と教えてもらうが、基本形は皆よく似ている。同じ食文化を共有し合っていたのだろう。
 各所に地元発祥のエミレーツ料理のレストランがある。レストランの壁には、近代化前のドバイの風景写真が掲げられ、砂漠の民の人形やラクダの置物が置かれている。UAEの「古き良き時代」を再現しているようだ。 

 

  最初に運ばれてきたのは野菜の前菜。ひよこ豆と練りごまをペースト状に混ぜた〈フムス〉、パセリとトマトを刻んだサラダ〈タブラ〉を、丸いナンのようなパン〈クマージュ〉につけて頂く。どちらもさっぱりとした味わいで飽きない。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!