毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2015.04.28

第19回 

ユニフォームウォーカー
殿方の安心と伝統の盛況を司る女神たち。

壇蜜

ユニフォームウォーカー<br />殿方の安心と伝統の盛況を司る女神たち。

 ハロウィンが近年バレンタインデーを追い越す勢いで盛り上がっている……そんな話をよく聞きます。確かに仮装をしてワイワイ集まるので恋人がいなくても成立し、おまけにプレゼントもお返しもいらない…凝り性で寂しがりなのにシャイな、日本人の性分と合っている行事かもしれません。

 しかし、元々は欧米も子供達がお化けやら魔女やらホラーな仮装をして家々を回るお祭りだったはず。「大人も仮装を極めて楽しんでもいいよね、ここ日本だし」と言わんばかりに独自の解釈をしながら質を上げ「日本のハロウィンすごいでしょ」と広めていくにあたり、バレンタインにはチョコレートという印象をガッチリ植えつけたような日本人の独創性を感じます。
 元からバドガールやバニーガール、メイドさんなど、女性が統一されたユニフォームを着てサービスする業態が多いのも、海外から取り入れた文化を独自に定着させ広めていった結果のように見えます。ミーハーな日本人(特に殿方)が「これだけは変わらないで」と長く愛する接客スタイルのひとつとして、今後も根強く君臨するでしょう。何故か……それは「やっぱり~だよな」という接客業に対する安心と王道に浸かりたい心が求めるのです。

 日々生まれる予期せぬ事態によるストレスにまみれた我が身を、王道の格好で迎えてもらい、イメージ通りのサービスを堪能したいのです。
 安心を与えることは、いわゆる「ベタ」に徹すること……それを心得て日々ユニフォームに袖を通し、美しき従事者として微笑む淑女たちに幸あれ。


<今月、壇蜜が気になったモノ>

とあるダンボールについていたマーク。最後の「ね」が「お願いします」の最上級の表現かもしれません……。


出典:『GINGER』2014年11月号より 

 

★がついた記事は無料会員限定

雑誌『GINGER』について

定期購読はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!