毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.04.26

天皇の料理番が最も悩んだことは、意外にも…?

谷部 金次郎

天皇の料理番が最も悩んだことは、意外にも…?

天皇家の普段のお食事は、贅を尽くしたごちそうではなく、野菜中心のバランスのとれた献立でした。

天皇陛下の長寿と健康を26年間支えた料理人が、宮内庁大膳課で培われた料理のコツと“こころ”とともに、97の和のレシピをご紹介する書籍『天皇陛下料理番の和のレシピ』。この書籍の内容をダイジェスト版でお届けします。


*  *  *
 

昭和天皇が普段召し上がっていた献立は、意外にも質素なものでした。

それはごくごく一般的な、家庭の食卓に並ぶものと同じ料理です。

私の宮中での仕事は、まさに主婦業そのもの。

家族の笑顔、健康のためにと、日々の食事作りに奮闘する皆さんと同じです。

毎日同じ方の食事をお出しするわけですから、飽きのこない料理を作る必要があります。

料理番として最も頭を悩ませていたのは、このことです。

家庭では家計費の問題もあるでしょうし、時間も限られるでしょう。

食材の種類も豊富ではないでしょうから、なおさら大変です。

実は、宮中でもそうなのです。

だからこそ私たち料理番には創意工夫が求められるわけです。

食材を無駄にしないことは大前提。

切り方や味つけを変えるだけで、違った料理に変化します。

食材の組み合せを変えることも、料理の幅を広げることにつながります。

何より、できるだけ多くの料理を覚えれば、日々の食事作りも少しは楽になるはずです。

本書では、宮内庁課で学び培った料理のコツとこころとともに、

何気ない毎日に使えるような和の料理をご紹介します。

 

豚肉のしょうが焼き

撮影/原務、布/ソールパーノ

豚肉はたれに漬け込んでさっと炒めます。焼くというよりは炒める調理法。ボリュームはありませんが薄切り肉で手軽です。



◆材料(2人分)

・豚ロース薄切り肉 … 120g

A) おろししょうが … 30g
A) 濃口しょうゆ … 大さじ1と1/3
A) 酒 … 小さじ2
A) みりん … 小さじ1

・玉ねぎ … 50g

・サラダ油 … 大さじ1


◆作り方

1) 豚肉は食べやすい大きさに切る。混ぜ合わせたA)に漬け、10~15分おく。

2) 玉ねぎは薄切りにする。

3) フライパンにサラダ油を熱し、1)、2)を入れ、手早く炒める。

 

※第2回は5月3日(日・祝)更新予定です

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

谷部金次郎『天皇陛下料理番の和のレシピ』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!