前回のコラムで「ブス」という単語を使ったら、「女性の見目に対して『ブス』という単語を使うとはなにごとか」と読者から電話でお叱りを受けた。
 気分を害した方には申し訳ないが、しかし、私はここで「ブス」という言葉の持つ悪いイメージについて、一考する余地があると思う。

 よく、「ブスだからモテない」とか「ブスだから私は何をやってもダメだ、好かれない」と言う人がいる。そういう人は、言っちゃ悪いが大変に空気が悪い。よどんでいる。
 私はそういう人たちにこそ、声を大にして言いたい。
 “ハンパな美人よりも、きっぷのよいブスのほうが、よっぽど男を惹き付ける”と。

 私の友人のUは自他ともに認めるブスなのだが、大変風通しのよい突き抜けたブスで、かつ、とても頭がよい。彼女は先日さる大富豪の息子と交際1ヶ月という超最短スピードで結婚した。
 なれ初めはこうだ。Uは彼と、とある合コンで出会った。相手がUに「嫌いな食べ物ある?」と聞いたところ、Uは「豚とカモ」と答えた。彼が疑問に思い意味を問うたところUは、
「ブクブクに太った醜い豚(相手は体重100キロの巨漢であった)と、女の子にご飯オゴることしかできないバカなカモ。つまりあんた」と一言、言い放った。…

 

<本記事は公開を終了しました。続きは電子書籍でお楽しみください。>

小野美由紀『キョーレツがいっぱい』
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

いつから世の中はこんなにカオスになったのか?!
共同体からはみ出した問題児たちの渦に巻き込まれていく、痛快エッセイ。
個性的な面子を笑っていたつもりが、
いつの間にか背中にナイフが刺さっている――?!
ブスとは何か、セックスとはなにか、女の友情とは何か。
日常で覚える違和感を克明に炙り出す。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

小野美由紀『傷口から人生。 メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった』

問題てんこもり女子、再生なるか!?
過剰に教育的な母に抑圧され、中3で自傷&不登校。キラキラキャンパスライフに馴染めず大学も仮面浪人。でも他人から見てイケてる自分でいたくて、留学、TOEIC950点、NPOボランティア、有名企業にインターン等々。無敵のエントリーシートをひっさげ大企業の面接に臨んだ。なのに、肝心な場面でパニック障害に! 就活を断念し、なぜかスペイン巡礼の旅へ――。つまずきまくり女子は、問題の本質と向き合えるのか? 生きる勇気が湧いてくる、痛快! 強烈! 自伝エッセイ。

→電子書籍はこちら
→書籍はこちら(Amazon)