出演者全員がろうあ者、そして全編が手話によって構成された前代未聞の“手話フィルム”、『ザ・トライブ』が4月18日(土)より劇場公開されます。

セリフや音楽をはじめ、字幕も吹き替えもないこの衝撃作の劇場鑑賞券を、幻冬舎plus会員様の中から3組6名様にプレゼントいたします!

※応募締切は4月14日(火)23:59です
※幻冬舎plusの会員でない方も、
こちらから無料の会員登録をしていただくとプレゼントに応募ができます。
※当選者への賞品発送は4月16日(木)を予定しています

キャラクターの背景や心理的な説明を全て排し、純粋な身振り、表情、眼差しによって観客の想像力と感情を刺激するこの映画は、ウクライナの新人ミロスラヴ・スラボシュピツキー監督によるデビュー作。

カンヌ国際映画祭批評家週間でプレミア上映され、グランプリを含む3つの賞に輝くと瞬く間に世界中の批評家の間で話題となり、世界中の映画祭の主要タイトルを数多く受賞(現在、30を超える賞を受賞中)。最近でもカンヌ国際映画祭におけるカメラドール賞に対等する、ヨーロピアン・フィルム・アカデミー・アワード「ヨーロピアン・ディスカバリー・アワード」を受賞し話題となっています。

ストーリー

セルゲイはろうあ者専門の奇宿学校に入学する。そこは犯罪や売春などを行う悪の組織=族(トライブ)によるヒエラルキーが形成されており、セルゲイは入学早々彼らの洗礼を受ける。何回かの犯罪に加担していくうちに、セルゲイは組織の中でより高いポジションを得て行く。やがて彼は、族のリーダーの愛人のひとりで売春をやっているアナに執着し、組織における暗黙のルールを破っていく。

作品情報

公開日:2015年4月18日(土)
劇場:ユーロスペース、新宿シネマカリテほか全国順次公開
監督・脚本:ミロスラヴ・スラボシュピツキー
主演:グリゴリー・フェセンコ/ヤナ・ノヴィコヴァ
上映時間:132分
提供:ミモザフィルムズ/彩プロ
配給:彩プロ/ミモザフィルムズ
後援:ウクライナ大使館

※応募締切は4月14日(火)23:59です
※幻冬舎plusの会員でない方も、
こちらから無料の会員登録をしていただくとプレゼントに応募ができます。
※当選者への賞品発送は4月16日(木)を予定しています

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定