毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.04.07

第8回

嫉妬狂(ジェラシスト)に捧ぐ

小野 美由紀

嫉妬狂(ジェラシスト)に捧ぐ

「嫉妬がやめられないんです」
と、喫茶店でいきなり目の前に座った女は言った。
私はパソコンで仕事をしていた手を止めて、じっと相手を見た。
額の生え際の薄い、白い顔の女だった。両手を机の上に置き、握りしめながらこちらを見ている。額縁の細い絵のように、印象の薄い顔だ、と思った。

「これまでいろいろな職場を転々としてきたんです。その度に、そこにいる誰かに嫉妬してうまくいかなくなりました」

女は一息、息を吸い込むといきなりまくしたてた。
「最初の職場では、上司のお気に入りの同僚の女性Aさんに。次の職場では、仕事が早くて出世も見込まれているBさんに。最後の職場はパン工場でした。そこでも私は、ソーセージをパンに挟むのがうまいCさんに嫉妬しました。私の持ち場は揚げパンに砂糖をまぶすパートにもかかわらず、なぜかソーセージをうまく挟むCさんが褒められているだけで羨ましくてたまらない。気がついたら私は、嫉妬する醜い自分が嫌で仕事を辞めていました」
見た目からは想像できない激しさだった。女の目がどんどんつり上がる。話しながら興奮したのか、女の唾が飛び散って、テーブルの上のメニューに沁みを作る。…

 

<本記事は公開を終了しました。続きは電子書籍でお楽しみください。>

小野美由紀『キョーレツがいっぱい』
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

いつから世の中はこんなにカオスになったのか?!
共同体からはみ出した問題児たちの渦に巻き込まれていく、痛快エッセイ。
個性的な面子を笑っていたつもりが、
いつの間にか背中にナイフが刺さっている――?!
ブスとは何か、セックスとはなにか、女の友情とは何か。
日常で覚える違和感を克明に炙り出す。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

小野美由紀『傷口から人生。 メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった』

問題てんこもり女子、再生なるか!?
過剰に教育的な母に抑圧され、中3で自傷&不登校。キラキラキャンパスライフに馴染めず大学も仮面浪人。でも他人から見てイケてる自分でいたくて、留学、TOEIC950点、NPOボランティア、有名企業にインターン等々。無敵のエントリーシートをひっさげ大企業の面接に臨んだ。なのに、肝心な場面でパニック障害に! 就活を断念し、なぜかスペイン巡礼の旅へ――。つまずきまくり女子は、問題の本質と向き合えるのか? 生きる勇気が湧いてくる、痛快! 強烈! 自伝エッセイ。

→電子書籍はこちら
→書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!