毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2000.11.15

哀切な調べタンゴ

オキ・シロー

哀切な調べタンゴ

 

 

 タンゴというカクテルがある。タンゴといえばアルゼンチン・タンゴ。バンドネオンのリズムにのって、男と女がぴったりと体を合わせ、情感たっぷりに踊る姿が思い浮かぶ。そんな情愛と哀愁を感じさせてくれるパリ生まれのカクテルである。

 ドライ・ジンを2/5ほど、ドライ・ベルモットとスイート・ベルモット、オレンジ・キュラソーを各1/5ずつ、さらにオレンジ果汁を2ダッシュ加え、よくシェーク。ぎりぎりに冷やして、脚のほっそりと長い、あくまでも華奢なカクテル・グラスで飲む。

 青っぽいジンに、ドライとスイート、両方のベルモットがしっとりと馴染んで、複雑微妙な奥深さを表現。そしてかすかなオレンジ風味が、哀愁に満ちた情感をかもし出している。ちょっと甘口だが、タンゴという名前を思えば大いに納得のできる、どこか切なくていい甘さである。

 このカクテル、タンゴが生まれたのは、パリはドーヌ通りのハリーズ・ニューヨーク・バー。あのカクテルの傑作ホワイト・レディを創作した名バーテンダー、ハリ-・マッケルホーンが1923年に開いたバーで、パリのアメリカ人に人気の店だった。

 当時のパリでは、それまでのコンチネンタル・タンゴにかわって、アルゼンチン・タンゴが一大ブームになっていたそうだ。そこでハリ-が自慢の腕をふるい、つくり出したのがこのタンゴだという。

 アルゼンチンの主都ブエノスアイレス。この港町ではかつて、言葉が通じない移民同士の男と女が、タンゴを踊ることで恋を語り、愛を確かめあったという。

 カクテル・グラスに満たされたトパーズ色のタンゴにも、そんな哀切な男と女の情熱が秘められているように思う。「ラ・クンパルシータ」や「ジーラジーラ」など、タンゴの名曲を聴きながら飲むと、その甘苦い風味がいっそう魅惑的に感じられる。

 

撮影強力 : 3rdラジオ (03-3402-2668)

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!