毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2015.04.05

第5回

詩人、女性の暮らしに迫る

文月 悠光

詩人、女性の暮らしに迫る

  ここで働く人、ここを愛する人、ここで生まれた人、ここに流れ着いた人…。
ドバイにいると、否応なく自分のルーツを探ることになる。逆にルーツを持っていないと、膨大な外国人労働者たちや、リーダー意識の強いエミラーティたち(UAE人)に埋もれてしまうから。
 中でも強烈だったのが、UAEの女性たちだ。私は当初、中東女性が自由を奪われ、権利を制限されていると思い込んでいた。真っ黒なアバヤを着用し、スカーフで頭や顔を覆う姿がそのような印象を強めたのだろう。
 だが、私自身アバヤを身に着けて現地の女性と話す内に、その印象は覆されていった。予想とは全く違う角度から、私たちは驚かされることになった。まさかアラブの女性がこんなに「美しい」なんて。

2015年1月20日
 ドバイ滞在2日目のこの日、バスタキア地区(アルファヒーディ)の〈シェイク・モハメド・文化センター〉を訪ねた。この施設では、観光客が伝統料理を楽しみ、UAEの文化や習慣について、エミラーティの解説を聴くことができる。宗教にまつわる質問も歓迎されている。

見知らぬ観光客とマジリスに円形に腰かけ、食事をとる。

 アラブ風のお座敷・マジリスでのランチはセルフサービス。カレー、ライス、サラダ、揚げ団子のおやつ。とても食べきれる量ではないが、山盛りの食事を客に並べることが、アラブ流の「おもてなし」なのだ。

各自で料理を取る日本の作家たち。 現地の料理を食べるときも、このときはまだスプーンを使っていた。

 ランチを終えた私たちの前で、若い女性ガイドが快活に英語で話し始めた。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!