ここで働く人、ここを愛する人、ここで生まれた人、ここに流れ着いた人…。
ドバイにいると、否応なく自分のルーツを探ることになる。逆にルーツを持っていないと、膨大な外国人労働者たちや、リーダー意識の強いエミラーティたち(UAE人)に埋もれてしまうから。
 中でも強烈だったのが、UAEの女性たちだ。私は当初、中東女性が自由を奪われ、権利を制限されていると思い込んでいた。真っ黒なアバヤを着用し、スカーフで頭や顔を覆う姿がそのような印象を強めたのだろう。
 だが、私自身アバヤを身に着けて現地の女性と話す内に、その印象は覆されていった。予想とは全く違う角度から、私たちは驚かされることになった。まさかアラブの女性がこんなに「美しい」なんて。

2015年1月20日
 ドバイ滞在2日目のこの日、バスタキア地区(アルファヒーディ)の〈シェイク・モハメド・文化センター〉を訪ねた。この施設では、観光客が伝統料理を楽しみ、UAEの文化や習慣について、エミラーティの解説を聴くことができる。宗教にまつわる質問も歓迎されている。

見知らぬ観光客とマジリスに円形に腰かけ、食事をとる。

 アラブ風のお座敷・マジリスでのランチはセルフサービス。カレー、ライス、サラダ、揚げ団子のおやつ。とても食べきれる量ではないが、山盛りの食事を客に並べることが、アラブ流の「おもてなし」なのだ。

各自で料理を取る日本の作家たち。 現地の料理を食べるときも、このときはまだスプーンを使っていた。

 ランチを終えた私たちの前で、若い女性ガイドが快活に英語で話し始めた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定