東京国立博物館の、「みちのくの仏像」展を観に行き、円空の荒削りの仏像などに癒されました。円空は生涯に約12万体の仏像を彫ったそうです。仮に64年の生涯のうち50年として、一日6〜7体くらい彫らないと数が合わない計算です。果たしてそれは可能なのでしょうか……。でもあまり作り込まないプリミティブな作風が、根源的な信仰心を感じさせます。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

【電子オリジナル書籍】辛酸なめ子『次元上昇日記 ベストセレクション50』
辛酸なめ子『辛酸なめ子の現代社会学』
辛酸なめ子『次元上昇日記』