臨月のお腹を抱え、年下のドイツ人の夫と4人の子供と、スーツケース12個でブラジル・サンパウロに移住!  モデルの日登美さんが日本の真裏で奮闘した1年を綴る、笑いと涙のエッセイ『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』(幻冬舎)が3/11(水)に発売になりました。
 そこで、刊行を記念して幻冬舎Plus限定のブラジル移住記・特別編を公開しちゃいます。ご紹介するのはもちろん、おいしそ~うなブラジルでの料理たち! 材料は、日本に売っている身近なものを使用するので、珍しいスパイスも不思議な野菜も使わないのでご安心を。
 日登美さんならではのスペシャルなブラジル料理、ぜひ挑戦してみてください。

★★★

 日本で街路樹や庭に柿の木がそこら中で見られるように、ブラジルではマンゴーの木がそこら中にありまして、季節になれば食べきれないほどの実をつけています。いや、柿というよりもマンゴーって種類的には梅に近いかもしれません。というのも、黄色く熟れる前に落ちたマンゴーの青い実は青梅に似た味で、食べてみるとやっぱり渋くて酸っぱい。そこでこれは日本の青梅のラテンバージョンだという風に思った訳です。
 青梅だと思って青マンゴーを見ていたらほっておく訳にはいきません。梅仕事ならぬマンゴー仕事の始まりです。

 
 まずは梅ジュースのように青マンゴージュースを仕込んでみましたよ。作り方は前回の酵素ジュースと同じで果物1に対し砂糖1.1の割合でつけ込むだけ。南国にお住まいの方は是非試していただきたい。結構梅ジュースに近いです。


 

 それでも飽き足らないので青マンゴーでチャツネも作りました。小さく刻んだマンゴーにチリと塩をまぶしておいて、すりあわせておいたスパイス(コリアンダー、クミン、マスターシード、フェンネル)と一緒にごま油で炒めます。そこにライムジュースを加えて5分ほど火を通し、黒砂糖とキビ砂糖をたっぷり加えてマンゴーが柔らかくなるまで10分ほど煮ます。最後にクローブやクミンをローストした物を入れて完成。熱いうちに瓶に詰めて一年は持ちます。
 

 作り立ては甘みとスパイスの効いた味、インドカレーに添えて食べるとおいしいです。時間が経つとマンゴーの酸味が際立つチャツネに変化するのも楽しい所。ブラジル人の友達にプレゼントしたらジャムのようにパンに付けて食べていましたよ。
 ブラジルの梅、青マンゴーで作るこのチャツネ。日本の青梅でもいつか作ってみたいと目論んでいます。
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

日登美『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』

→電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)