毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2015.03.22

第3回

詩人、労働と祈りの町へ

文月 悠光

詩人、労働と祈りの町へ

 幸福って何だろう。ドバイに滞在する中で、何度も自分自身に問いかけた。日本の評価軸は社会や他人の目。小さな集団の中で背比べを繰り返している。対してUAEの人々は、神(イスラム教)が何より大きな評価軸となる。彼らは「誰が見ていなくても、神さまが見ている」と信じて生きているのだ。たとえ人を恨むことがあっても、一日五回のお祈りでネガティブな感情をリセットする。UAEの詩人は、「祈りとは、精神と身体のバランスを取るもの。お祈りをした後、人々の心は晴れ、顔には光が宿ります」と語った。「人間が人といい関係を築けていたら、その人が神に愛されている証」なのだ。良好な人間関係さえ、神が握っていることに驚かされた。

 

宿泊したホテルのベランダから見えた建築現場。早朝から夕方まで工事が続く。
 

2015年1月30日

 到着から十二日目を迎えて、ようやくドバイの観光地以外の面が見えてきた。きっかけをくださったのは、ドバイの会社で都市計画に関わる小澤学さん、建築デザイナーの難波千帆さん。学さんの運転する車で、ドバイの裏側を巡ることになった。
 第1回に記した通り、ドバイに住む人の9割は外国人労働者。その多くが、貧しい家計を支えるために、家族を国に残してドバイに来る労働者たちだ。パキスタン人やインド人、フィリピン人などなど。建築現場や工場で働きはじめ、出世のチャンスを得た一部の人は、運転手などの稼ぎのいい職に転職する。販売員や家政婦(メイド)、観光ガイドなどのサービス業に就く人の中には、自国の大学を出ている人もいる。よい労働環境を求めて、ドバイへ出稼ぎに来る人は後を絶たない。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!