臨月のお腹を抱え、年下のドイツ人の夫と4人の子供と、スーツケース12個でブラジル・サンパウロに移住!  モデルの日登美さんが日本の真裏で奮闘した1年を綴る、笑いと涙のエッセイ『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』(幻冬舎)が3/11(水)に発売になりました。
 そこで、刊行を記念して幻冬舎Plus限定のブラジル移住記・特別編を公開しちゃいます。ご紹介するのはもちろん、おいしそ~うなブラジルでの料理たち! 材料は、日本に売っている身近なものを使用するので、珍しいスパイスも不思議な野菜も使わないのでご安心を。
 日登美さんならではのスペシャルなブラジル料理、ぜひ挑戦してみてください。

★★★

 ブラジルでのどから手が出るほど欲しかったもの。それは生の中華麺。我が家の近所では麺類といえば、乾燥パスタか乾麺の焼きそば、うどんだけで、日本のスーパーのようにぷりぷりの生うどんや中華麺は手に入れることができません。ブラジルのような南国こそつるつるっと冷たい麺類がおいしいものを!と何度嘆いたことでしょう。そう考えると美味しい蕎麦にそうめん、うどんがいつでもどこでも食べられる日本という国は素晴らしい国ですね。

 さて、今回はそんな生麺恋しい我が家がブラジルで編み出したワザ、パスタで作る冷やし中華をご紹介しましょう。といってもただ麺をパスタにするだけなのですがこれが結構いける! 
 パスタをやや柔らかめに茹でて冷水でぎゅっとしめるとつるつるしこしこに。また海外在住組では意外とポピュラーなのは、パスタをゆでる時に重曹を入れるとあら不思議、中華麺風味になるということ。私はまだ試していないのですがこれは是非やっていただきたい。

 そして肝心なタレ。小鍋に醤油1カップ、水1カップ半、塩小さじ1、砂糖大さじ2ほどを入れて軽く火にかけます。冷めたらそれに酢大さじ4、ライムの絞り汁1/2個分、ごま油小さじ2、オプションでしょうがやにんにくのすりおろしといりごまを加えたら出来上がり。
 こうやってどうにか欲しい味を再現出来たときの喜びはひとしお。たまにはこうして不便料理を楽しんでみませんか? 面白い発見、工夫が生まれるかもしれませんよ。
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

日登美『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』

→電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)